「幾一里のブログ」 京都から ・・・



タグ:唐津焼 ( 1 ) タグの人気記事


古唐津と古染付の名品展ご案内。東京/出光、石洞の両美術館にて。(会期終了)

・いま東京の出光美術館と石洞美術館では、両館の核となる蒐集品=古唐津と古染付をテーマにした特別展が開催されています。骨董や陶芸ファンにとっては見逃せない注目の展覧会です。ぜひご高覧ください。小生も愉しく拝見してまいりました。

[古唐津展=出光美術館/3月26日まで(会期終了)

・出光美術館はご存知の通り、出光興産の創業者・出光佐三氏(1885~1981)が蒐集された美術品を展観。今回の古唐津展は、開館50周年記念、13年ぶりの大唐津展です。約180点の逸品が一堂に会しています。

(所在地・東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9階、電話・03-5777-8600、毎月曜休館、開館10:00~17:00、有料、HPあり)

▼写真は美術館のPRパンフレットより。
a0279738_16443408.jpg
a0279738_16445379.jpg

[古染付展=石洞美術館/4月2日まで(会期終了)]

・石洞美術館は千住金属工業の本社ビルにあり、社長であった実業家の佐藤千壽氏(1918~2008)が蒐集された美術品が展観されています。古染付の収蔵では日本屈指。今展では約80点の選りすぐりが展示されています。

(所在地・東京都足立区千住橋戸町23、電話・03-3888-7520、毎月曜休館、開館10:00~17:00、有料、HPあり)

▼写真は美術館のPRパンフレットより。(古染付は、中国明時代の末期中心に景徳鎮窯で焼かれました。日本の茶人からの注文で作られたものが多かったようです。)
a0279738_16450805.jpg
a0279738_16452277.jpg


[PR]
by ikuitiri | 2017-03-05 21:02 | 古いもの、愉しきもの


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧