「幾一里のブログ」 京都から ・・・



「OPENER展」 BANKOアーカイブデザインミュ―ジアムにて。(会期終了)

・久し振りに三重県四日市市にあるBANKOアーカイブデザインミュージアムへ。本ミュージアムは陶芸家・内田鋼一さんが主宰されています。第三回目の企画展を3月12日まで開催中。

・テーマは「OPENER」・・つまり、抜く道具。ワインオープナーと栓抜きが主役です。それに欧州のワインボトルやグラスなどの周辺のものを含めて約100点を展観。暮らしに身近な道具のデザインの美しさをとくとご高覧あれ・・。

▼本展のPRパンフレット。
a0279738_16040268.jpg
▼ミュージアムの建物に洒落たロゴマークが・・。
a0279738_16013661.jpg
▼出展品の一部。(パンフレットより)
a0279738_16042421.jpg
「BANKOミュージアムMEMO」
所在地・三重県四日市市京町2-13-1F
電話・059-324-7956
休館日・火曜、水曜日
開館時間・11:00~18:00
HPあり、有料、カフェも併設

▼幾一里にあります栓抜きのいろいろ。
a0279738_15563708.jpg



[PR]
# by ikuitiri | 2018-02-16 16:34 | 古いもの、愉しきもの

円空仏を訪ねて。三重県菰野町・明福寺さんへ。

・久し振りに円空仏を訪ねました。三重県は鈴鹿山脈の麓・湯の山温泉のある菰野町・明福寺さんへ。明福寺の円空さんは、大変珍しい両面仏です。仏像の前後に彫刻されていて、片面は薬師如来、片面は阿弥陀如来となっています。(御丈160㎝)円空さんの代表作の一つです。

・この円空仏は、元は伊勢神宮の神宮寺だった伊勢市の常明寺の持仏でした。明治初年の廃仏毀釈の際に難を逃れ、縁あって明福寺に安置されました。昭和48年菰野町の有形文化財に指定。本像は国内はもとより海外にも数多く出展されています。1999年、欧州はベルギー・アントワープにある国立民族博物館にも出展。「神秘的な微笑の仏像」であると称賛されたそうです。(拝観希望の際は事前確認が必要です。2月8日撮影。)

▼薬師如来像(以下の写真額三点は明福寺藏、撮影させて頂きました。)
お顔の表情が何とも言えません。微笑仏と言われる所以です。
a0279738_14355159.jpg
▼阿弥陀如来像
a0279738_14360332.jpg
▼真横から見た円空両面仏
a0279738_14361714.jpg
▼本堂に鎮座しておられる両面仏(実写)。
残念ですが、日頃は片面しか拝観できません。
a0279738_14471053.jpg
▼明福寺さんの山門から見た本堂
a0279738_14345780.jpg
▼俳人・山口誓子(1901~1994)の句碑です。
明福寺の円空さんを詠まれています。
「円空仏 外に出で来て 枯銀杏   誓子」
a0279738_14380063.jpg
▼近鉄湯の山線の列車と雪の鈴鹿の山々。のどかでした。
a0279738_14381218.jpg
▼円空さんからの贈りもの、地酒「早春」。
今の季節にピッタリ、嬉しく飲み干しました。
a0279738_14384886.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2018-02-11 15:56 | 古いもの、愉しきもの

[ゴッホ展・巡りゆく日本の夢] 京都国立近代美術館にて。(会期終了)

・いま京都岡崎・国立近代美術館では、世界中で絶大な人気を誇っているご存知、画家の「ゴッホ展」を開催中。会期は3月4日まで。金曜・土曜日は夜の8時まで開館(入場は午後7時半まで)・・嬉しいことです。(有料、詳細HPを)

・サブタイトルは「巡りゆく日本の夢」。ゴッホ(1853~1890)は「新たな表現形式を模索する中で、浮世絵や日本に関する文献資料が重要な役割を果たしました。日本に芸術的、社会的、宗教的理想を見出しました」。(本展パンフレットより)今展では、ゴッホの作品はもとより、影響を与えた浮世絵版画等も豊富に展観。日本とゴッホの関わりが理解できるよう工夫されています。

▼近代美術館前のPRパネルと平安神宮大鳥居。
a0279738_15493475.jpg
▼展観作品。(絵葉書より)
左上・水夫と恋人、右上・アイリスの咲くアルル風景、下・種まく人
a0279738_16032221.jpg
▼展観作品・花魁(おいらん)、左は浮世絵師・英泉作。(本展パンフより)
a0279738_16030886.jpg
▼今展のパンフレット。
a0279738_16024860.jpg
▼平常展会場に展示されている「ゴッホの部屋」
美術家・森村泰昌氏作品
a0279738_16020293.jpg
▼近代美術館からの比叡山遠望。
a0279738_15551149.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2018-02-06 17:02 | 古いもの、愉しきもの

京都東寺の午玉宝印/如月2月・2018幾一里カレンダーより

・あっという間に2018年も如月(きさらぎ)2月を迎えました。今月から幾一里カレンダー(写真)の一言解説を掲載させて頂きます。毎月どうぞよろしくお願いいたします。(※幾一里カレンダーに掲載のものは全て非売品です。ご了承のほどを。)

・2月は節分(3日)、立春(4日)と続き、春の到来を告げます。寒さに耐え、元気に春を迎えたいものです。「二ン月や 天神様の 梅の花」小林一茶。

▼2月のカレンダー写真/京都・東寺御影堂の午玉宝印(護符・木版摺)
a0279738_20080489.jpg
・午玉宝印(ごおうほういん)は、神社やお寺で発行される厄除けの護符の一種で、近年はあまり見かけなくなりました。烏がデザインされた和歌山県熊野神社のもの(下の写真参照)がその代表選手で有名です。今回掲載のものは、京都・東寺御影堂のものです。

・現存する御影堂の宝印の版木は、国指定の重要文化財になっています。南北朝時代に作られたもの。写真の宝印もこの版木で摺られたかもしれません。新年に行われる法要の際に刷られていました。

▼2018幾一里カレンダー/昨秋の開店20周年記念として制作。
a0279738_20165390.jpg
▼和歌山県熊野神社の午玉宝印。烏文が特徴です。
a0279738_20181037.jpg



[PR]
# by ikuitiri | 2018-01-31 21:01 | 古いもの、愉しきもの

お伊勢さんに初詣。おかげ横丁、おはらい町も愉し。

・今年も伊勢神宮さんへ初詣に参じてまいりました。冷たく寒い毎日が続きますが、思い切って重い腰を上げました。途中、滋賀県は小雪降るお天気でちよっと心配しました。でも三重県に入りますとお天気も回復。清々しく、凛とした空気の中、参拝してまいりました。大勢の参拝者で賑わっていました。さすが八百万の神の総本山ですね。(1月27日撮影)

▼内宮の入口に建つ、宇治橋の鳥居。
a0279738_20583415.jpg
▼宇治橋から見る清く美しい五十鈴川の流れ。
a0279738_21032887.jpg
▼石の階段を登ると正面が内宮さんです。
a0279738_20591329.jpg
▼内宮さんへの石の階段、何人の方が登られたことでしょう。
a0279738_20592505.jpg
▼内宮さん近くにある風日祈宮へ。今年初めて参拝。
a0279738_20595379.jpg
a0279738_20594162.jpg
▼神宮さんの後はおかげ横丁、おはらい町へ。
昼食に頂戴しました地元産の蒸し牡蠣。美味でした。
a0279738_21003335.jpg
▼毎年恒例!暖簾・宣伝物のグッドデザインご紹介。これも楽しみの一つです。
とくとご覧あれ。
a0279738_21014474.jpg
a0279738_21015464.jpg
a0279738_21021637.jpg
a0279738_21024604.jpg
a0279738_21031044.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2018-01-28 21:44 | 町と暮らしと自然の風景

心に留まった言葉№28/妙泉寺さんの掲示板から。

・今回は、妙泉寺さんの言葉[自分に「な」]です。なまける「な」、おこる「な」、いばる「な」、あせる「な」、くさる「な」、おごる「な」の六つの「な」です。

・どの「な」も心にどきっときます。しっかり心に留めおきましょう。自分のために「な」・・・。

・妙泉寺さんは、京都市中京区三条通大宮西入ル南側、三条大宮公園の西隣です。
a0279738_20332799.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2018-01-24 20:46 | 町と暮らしと自然の風景

倉敷民藝館etc.を訪ねて。

・所用で倉敷(岡山県)へ。やっぱり何度も訪ねていますが美観地区へ足が向きます。今回は久し振りに「倉敷民藝館」をゆっくり。倉敷民藝館は昭和23年開館、東京駒場の日本民藝館(昭和11年開館)に次いで日本で二番目に出来た民藝館だそうです。

・初代館長の外村吉之助氏(滋賀県出身・染織家、1898~1993年)の蒐集品が母体となっています。地元と周辺の古民藝が充実しているところが気に入っています。大原美術館などと共に美観地区の風情ある建物群の中核をなしています。倉敷へお訪ねの際は民藝館へもぜひどうぞ。(有料、月曜日休館・祝日の際は開館、HPあり)

▼倉敷川の向かいが民藝館です。
a0279738_20415103.jpg
▼倉敷川と民藝館。建物は江戸後期の米倉を利用。
a0279738_20400629.jpg
a0279738_20401723.jpg
a0279738_20405262.jpg
a0279738_20403580.jpg
▼民藝館の蔵品図録(実際は三巻あります。)
a0279738_20523338.jpg
▼かまぼこのお店「黒田」さん。いつも伺います。
a0279738_20442558.jpg
▼黒田さんの牛蒡天、かまぼこ等々・・美味しいですよ。こだわりの逸品です。
a0279738_20520408.jpg
▼初めて昼食を。牡蠣の味噌鍋で舌鼓。また伺います。
a0279738_20541907.jpg
▼よくぞこれだけ伝統的な建物を残せたものだと思います。
いずれも倉敷独特のデザインと感性なのです。
昔は建物にもその土地らしさ、個性がありました。
地域の景観が整っていました。
現代は自由奔放、バラバラの個性です。どちらに意味を感じられますでしょうか。
(1月17日撮影)
a0279738_20455815.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2018-01-18 22:08 | 古いもの、愉しきもの


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧