「幾一里のブログ」 京都から ・・・



<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


古丹波三題。徳利と小壺と小皿と。

・いま幾一里に陳列しています古丹波陶三点をご紹介させて頂きます。古丹波陶の故郷は兵庫県篠山市。京都から車ですと亀岡、園部経由でまいります。自然豊かな美しい風景の続く快適なドライブコースです。

・古丹波は日本の六古窯の一つとして脚光を浴び、昭和になり、民藝の創始者・柳宗悦等が一躍世に知らしめることとなります。そして、骨董や民藝好きの耳目を集めることに。

・さて、写真の三点は、①後方左・栗皮釉鶴首徳利(高さ27㎝)、②後方右・白釉小壺沁み景色(高さ13㎝)、③前・住吉丸太こうし銘小皿(口径11.8㎝)。いずれも日常の暮らしの中で使われてきたものばかり。「雑器の美」を代表する味なものたちです。

▼写真は骨董情報誌・小さな蕾のご協力を得ました。
a0279738_16424218.jpg




[PR]
by ikuitiri | 2018-04-29 17:42 | 古いもの、愉しきもの

満開!見事な「石楠花」。京都雲ケ畑・志明院にて。

・季節の花・石楠花(しゃくなげ)を見たくて、初めて雲ケ畑の志明院(しみょういん)へ参りました。志明院の石楠花は京都市の天然記念物に指定されています。出会ってビックリ、小生よりも背丈の髙い大木でした。大輪の花が満開。新緑の木々と美しい石楠花が出迎えてくれました。

・志明院は飛鳥時代に役行者が開山、平安時代に弘法大師が創建したと伝えられ、ご本尊は不動明王。毎年4月29日に大祭が行われ、山伏姿の行者が般若心経を唱え、護摩木を焚き、平和祈願が行われます。

▼咲き誇る志明院の石楠花
a0279738_19510289.jpg
a0279738_19515902.jpg
a0279738_19532570.jpg
・志明院は岩谷不動とも言われ、古来より人々に親しまれ、山内の洞窟の湧水を敬い、水神を祀り、今日に至っています。この湧水が山紫水明・鴨川の水源でもあります。また、歌舞伎十八番「鳴神(なるかみ)」の舞台ともなっています。本日は初夏の陽気でしたが、清々しい気分の一日となりました。(撮影4月23日)(要入山料、山門からはカメラ持込禁止)
a0279738_19542915.jpg
▼志明院の御朱印。
a0279738_20561523.jpg
▼山野草「シャガ」も見頃でした。
a0279738_19551312.jpg
a0279738_19562406.jpg
a0279738_19535570.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2018-04-23 20:51 | 町と暮らしと自然の風景

ご来場感謝。「山田洋次陶展」終了。

・4月14日から22日まで開催の「山田洋次陶展」、好評裡に終了。大勢の皆様にご来場頂き、誠に有り難うございました。

・山田洋次さんのスリップウェアの個展は、幾一里では初めて。本場イギリスの独特のパターンはもとより、山田さんのオリジナルデザインのもの、珍しい焼き締めのスリップウェア等々、多彩に愉しんで頂くことができました。ほんとうに嬉しいことです。お客様ならびに山田さんに心より厚く御礼申し上げます。
a0279738_14084185.jpg
a0279738_21162028.jpg
a0279738_21172970.jpg
a0279738_19374891.jpg








[PR]
by ikuitiri | 2018-04-22 21:38 | 幾一里の工芸展ご紹介

スリップウェアは愉し!山田洋次陶展・好評開催中/幾一里にて。(会期終了)

・幾一里にて14日から始まりました「山田洋次陶展・華ひらくスリップウェア」好評開催中。会期は22日まで。お料理のうつわに良し、インテリアとして飾って良し。暮らしの中で大いに愉しめるスリップウェア。ぜひご堪能ください。ご来場を心よりお待ちしています。(会場風景は4月14日撮影)

・会期は4月22日(日)まで、開店時間12:00~18:00、「幾一里のアトリエ」にて(骨董店より南へ20m)、電話075-811-8454。なお、最終日22日・山田洋次氏在廊。
a0279738_20425707.jpg
a0279738_20431117.jpg
a0279738_20394134.jpg
a0279738_20200779.jpg
a0279738_20432751.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2018-04-18 21:12 | 幾一里の工芸展ご紹介

開催中『山田洋次 陶展/華ひらくスリップウェア』4月22日まで。(会期終了)

・春爛漫の候。スリップウェアに魅せられ、作陶10年の「山田洋次」さんの個展を幾一里にて開催中です。4月14日(土)から22日(日)まで。スリップウェアの本場・イギリスでも修行された山田さんの手になるスリップウェアは、人知れず人気を博しています。

・今回の個展では、「和と洋に通じる」をテーマに作陶10年の精華を出品頂きます。乞うご期待です。幾一里では初めての個展、愉しみにしています。大皿から、マグカップ、湯呑、徳利、盃、片口・・・暮らしのうつわの数々が揃います。今展では、素地に釉薬を掛けない、めずらしい焼き締めのスリップウェア(下の写真)も登場します。

・スリップウェアは、日本民藝館の創設者である柳 宗悦氏等が、英国のバーナードリーチ氏共々日本に紹介し、その用の美が評価されました。近年は日本でもスリップエアの作家さんが増え、私たちの眼を愉しませてくれています。
a0279738_20102068.jpg
スリップウェアとは・・・スリップと呼ばれる泥漿(でいしょう、水と粘土を混ぜたもの)状の化粧土で装飾された陶器。文様は、スポイトからスリップを垂らしたり、筆で書いたり、櫛状のもので引っかいたりして描かれます。そして、釉薬を掛け、窯に入れ焼成されます。

・ぜひ「山田洋次 陶展」でスリップウェアの魅力を存分にお愉しみください。そして、あなたの食卓へも・・・。
a0279738_20103347.jpg



[PR]
by ikuitiri | 2018-04-04 21:57 | 幾一里の工芸展ご紹介


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧