「幾一里のブログ」 京都から ・・・



カテゴリ:町と暮らしと自然の風景( 277 )


絵手紙のむら・長野県栄村「絵手紙美術館」を訪ねて。

・豪雪で有名な新潟との県境・長野県栄村に絵手紙の美術館があるのをご存知でしょうか。新潟市に住む友人に会うため出掛けたその足で栄村へ。絵手紙人口は近年増えつつあるようで、大変興味をそそられました。

・その絵手紙美術館とは、栄村「国際絵手紙タイムカプセル館」と「白い森の美術館」です。この二館を拝見しますと絵手紙の愉しさが手に取るように分かります。特に「白い森の美術館」にある「山路智恵(やまじともえ)絵手紙美術館」は圧巻でした。山路さんは小学校入学式の日から絵手紙をかきはじめ30年になるそうです。1993年には小川未明文学賞特別賞を受賞されています。企画展として11月30日まで「絵手紙にこめた小学生時代・いい春しょって2000日」が開催されています。(5月18日撮影)

▼山路智恵さんの作品。(美術館のパンフレットより)
a0279738_16474764.jpg
▼記念撮影コーナー。(国際絵手紙タイムカプセル館)
a0279738_16483139.jpg
▼絵手紙の大事な七つのポイントとは・・。
a0279738_16490059.jpg
「栄村・絵手紙美術館メモ」
所在地・長野県下水内郡栄村北信2503 電話・0269-87-1920
休館日・火曜日(祝日は営業)及び冬期(12~4月)
開館時間・10:00~17:00(入館16:30まで)
有料、HPあり

▼栄村国際絵手紙タイムカプセル館の建物。
a0279738_16491476.jpg
▼美術館は自然豊かなスキー場の一角にあります。
心温まる絵手紙と自然の美しさに魅了されました。
a0279738_16494794.jpg
▼日本絵手紙協会発行の教本とパンフレット。
a0279738_16501119.jpg



[PR]
by ikuitiri | 2018-05-19 18:02 | 町と暮らしと自然の風景

満開!見事な「石楠花」。京都雲ケ畑・志明院にて。

・季節の花・石楠花(しゃくなげ)を見たくて、初めて雲ケ畑の志明院(しみょういん)へ参りました。志明院の石楠花は京都市の天然記念物に指定されています。出会ってビックリ、小生よりも背丈の髙い大木でした。大輪の花が満開。新緑の木々と美しい石楠花が出迎えてくれました。

・志明院は飛鳥時代に役行者が開山、平安時代に弘法大師が創建したと伝えられ、ご本尊は不動明王。毎年4月29日に大祭が行われ、山伏姿の行者が般若心経を唱え、護摩木を焚き、平和祈願が行われます。

▼咲き誇る志明院の石楠花
a0279738_19510289.jpg
a0279738_19515902.jpg
a0279738_19532570.jpg
・志明院は岩谷不動とも言われ、古来より人々に親しまれ、山内の洞窟の湧水を敬い、水神を祀り、今日に至っています。この湧水が山紫水明・鴨川の水源でもあります。また、歌舞伎十八番「鳴神(なるかみ)」の舞台ともなっています。本日は初夏の陽気でしたが、清々しい気分の一日となりました。(撮影4月23日)(要入山料、山門からはカメラ持込禁止)
a0279738_19542915.jpg
▼志明院の御朱印。
a0279738_20561523.jpg
▼山野草「シャガ」も見頃でした。
a0279738_19551312.jpg
a0279738_19562406.jpg
a0279738_19535570.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2018-04-23 20:51 | 町と暮らしと自然の風景

今日の京都は花見日和。

・寸暇を惜しんで?お花見に。手軽に花見というと鴨川や高瀬川畔へ。マイカー(自転車)で一目散。明るい暖かな日差しを受けて快適でした。春はなぜか心浮き浮き、幸せな気分になるのは小生だけでしょうか。天気予報によりますと、今週はどうやらGOODのようです。明日28日の京都の最高気温は25度の予報。セーターもいらない暖かさとなりそうです。(3月27日撮影)

▼木屋町御池上る、押小路橋から望む高瀬川一之舟入跡。
a0279738_19523770.jpg
▼高瀬川・押小路橋から御池通方向を望む。
a0279738_19525594.jpg
▼木屋町二条西南角の島津製作所創業記念資料館(木造の建物)と
咲き誇る白い木蓮の花
a0279738_19531735.jpg
▼鴨川畔の桜並木、延々と続きます。
a0279738_19534634.jpg
▼桜に柳に雪柳、春の息吹がいっぱいの鴨川畔。
a0279738_19542204.jpg
a0279738_19543406.jpg


[PR]
by ikuitiri | 2018-03-27 20:30 | 町と暮らしと自然の風景

京名菓・唐板煎餅。五百年の歴史の味わい。

・五百年の歴史あるお煎餅のお店があります。京都・上御霊神社前にある「水田玉雲堂」さんです。お煎餅の名前は「唐板」。如何に時代が変わろうと、人が変わろうと、唐板だけを一筋に作り続けてこられました。

・水田玉雲堂さんは室町時代の文明9年(1477年)に創業。平安時代からあった疫病除けの神饌(しんせん)をご当主が再現し、上御霊神社境内で売り出されたのが発端だそうです。それから五百有余年、コツコツと伝統の味を守ってこられました。心から拍手・・・。

▼住所・京都市上京区上御霊前町394、電話・075-441-2605
a0279738_12230167.jpg
▼これが唐板煎餅。材料は砂糖密と小麦粉、卵。
銅板で一枚一枚丹念に焼き上げられています。
ほのかな甘さと香ばしさが何とも言えません。
上品なお煎餅です。
お茶にも珈琲にもマッチします。おすすめです。
定休日は日曜、祭日。10:00~17:00。
a0279738_11013536.jpg
a0279738_11010452.jpg
▼創建は平安時代の貞観5年(863年)、歴史ある上御霊神社。
a0279738_11015657.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2018-03-25 11:59 | 町と暮らしと自然の風景

海の京都・京丹後市へ。海と古代と食と。

・ちょっと海を眺めたい、そして、海の幸を求めて京丹後へ。京都縦貫自動車道が天橋立・宮津、丹後方面へ直結し、たいへん便利になりました。京都府も「海の京都」エリアとしてアピール。観光コースとして脚光を浴びつつあります。

・まずは「丹後天橋立大江山国定公園」の一角、後ヶ浜の「立岩」を訪ねました。周囲1㎞、高さ20メートルの巨岩。地下から上昇してきたマグマが固まったもので、柱状節理のある岩が浸食により、割れ目模様が縦方向に出て美しい姿を表しています。

・次に参じたのは、「丹後古代の里資料館」です。地元発掘の縄文・弥生を中心とした石器、土器等を展示。また丹後の民俗の紹介もされています。屋外には、竪穴式住居や高床式倉庫も復元展示されています。しばし古代にタイムスリップ。(所在地・丹後町宮108、電話0772-75-2431、火休、有料)

・そして、海の幸を頂戴に「魚菜料理・縄屋」さんへ。美味でした。(所在地・弥栄町黒部2517、電話・0772-65-2127)
自然と歴史を満喫。楽しい一日でした。(3月15日撮影)

▼美しい立岩を望む。
a0279738_09435479.jpg
a0279738_09434298.jpg
▼聖徳太子の母、間人(はしうど)皇后が6世紀末、
争乱を避けこの地に母子共々身を寄せたと伝わる。
a0279738_09450419.jpg
▼大いなる日本海。丹後の海は「山陰海岸ジオパーク」の一部でもあります。
a0279738_09451945.jpg
▼丹後古代の里資料館
a0279738_09454240.jpg
a0279738_09455545.jpg
▼弥生土器にも片口形があったのですね。小生は初見でした。
a0279738_09460683.jpg
a0279738_09463142.jpg
▼縄屋さんのお料理とうつわ。春を感じます。
a0279738_09470882.jpg
a0279738_09472898.jpg
a0279738_09483871.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2018-03-16 11:06 | 町と暮らしと自然の風景

パナソニック創業100周年広告。京都新聞より。

・写真は「京都新聞」3月9日朝刊に掲載されたパナソニックの一面広告です。パナソニックは創業100周年を迎えられたそうです。ナショナルの時代から暮らしの中で親しくお付き合い頂いてきました。その記念広告ですね。キャッチフレーズは「昭和38年、世界一の都市 京都の 消えたネオン塔」

・創業者である松下幸之助氏が、京都・祇園にあった自社のネオン塔を昭和38年に取り払ったという逸話がテーマ。広告コピーは、昭和37年、幸之助氏が当時の京都市長に「あなたは世界で、どこの町が一番いいと思いますか」と問うところから始まります。その数日前、幸之助氏はアメリカ大企業の極東支配人から自由に訪れることができる町の中では京都が一番と聞き、驚かれたそうです。京都に住まわれ、そのよさは知っておられたが、まさかそこまではとは思っておられなかったようです。(下へ続く)

▼新聞広告の一部(大きな写真は八坂神社の石段上から見た
現在の祇園の姿、四条通から西を見る。)
a0279738_12314323.jpg
・そして、幸之助氏は京都市長に「市長さん、今日からあなたは、世界で総合的に一番すぐれた都市は京都だと思ってください。そのような観点というか、認識の上に立って、町の経営にあたってください。私も協力します」。そして翌年祇園にあった自社ネオン塔を取り払われました。さらに幸之助氏は「京都というものを永遠に保存しなければならない、町の姿も京都らしいものを大切にしなければならない」と語られたそうです。嬉しことです。この心を大切にしなければいけない、とあらためて痛感する次第です。いい広告でした。感謝。
a0279738_12315907.jpg
▼一面広告、写真が拙くて申し訳ありません。
a0279738_12321156.jpg






[PR]
by ikuitiri | 2018-03-10 16:08 | 町と暮らしと自然の風景

春の大空にバッテン?飛行機雲に見とれました。

・今朝、ふと空を見上げますと、✕印の飛行機雲が真っ青な大空に輝いていました。なんと珍しい光景かと、カメラをとりに一目散。撮りました写真が次の二点です。何でもない光景ですが、ハッとするもの、美しいと思えるものに出会えることの幸せを感じました。ハッピーな一日の始まりでした。ご報告まで。(3月7日撮影)
a0279738_20074234.jpg
a0279738_20080577.jpg



[PR]
by ikuitiri | 2018-03-07 20:11 | 町と暮らしと自然の風景

今宮神社とあぶり餅・・美味でした。

・ほんとうに久し振りに今宮(神社)さんへ。お目当ては今宮さんのご利益もさることながら、あぶり餅を頂戴にまいりました。

・今宮さんは、京都市北区紫野にあります。平安時代(994年、正暦5年)悪疫退散を祈願するため神輿を造り、紫野御霊会を営んだのがその起こりと言われています。現在の社殿は、明治35年(1902年)に再建されています。

・国の重要無形民俗文化財に指定されている「やすらい祭」は、4月の第2日曜に挙行されます。鞍馬の火祭、広隆寺の牛祭、そして、やすらい祭は「京都の三大奇祭」と言われています。

▼今宮さんの所在地は、京都市北区紫野今宮町21
a0279738_17322844.jpg
a0279738_17332568.jpg
▼絵馬堂の明和九年(1772年)の奉納額
a0279738_17321210.jpg
a0279738_08473625.jpg
▼今宮さんの東門参道には二軒のあぶり餅屋さんが並んでいます。
大昔からある門前茶屋。参拝者に今も喜ばれています。
時代劇のワンシーンにも度々登場。タイムスリップしたような気分になります。
a0279738_17375266.jpg
▼これがあぶり餅。親指大のお餅にきな粉をまぶし、炭火であぶり、
白味噌のたれがかかっています。ほんとうに美味です。
a0279738_17360881.jpg
▼お客の注文後、こうしてあぶられ、出来たてのほやほやが供されます。
二軒ともに水曜日が定休日です。
a0279738_17344312.jpg
a0279738_17365845.jpg
a0279738_17372045.jpg
▼今宮神社の線刻四面仏石の拓本です。仏石は国の重要文化財。
現在仏石は京都国立博物館に寄託されています。
(拓本は幾一里蔵)
a0279738_17301354.jpg


[PR]
by ikuitiri | 2018-03-05 18:57 | 町と暮らしと自然の風景

こころに留まる言葉№29。妙泉寺さんの掲示板から。

・「穏やかな 言葉を使えば 穏やかな心になるを ふと気づきたり」・・簡単なようで難しいですね。ついつい喜怒哀楽のままに、感情が言葉や顔に出てしまいます。如何なる場合も、穏やかな言葉で、心が通じ合えば最高ですね。小生、まだまだ努力と勉強が足りません。いつも穏やかな心でいたいものです。合掌。

・妙泉寺さんは、京都市中京区三条通大宮西入ル南側、三条大宮公園の西隣です。
a0279738_20575616.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2018-02-24 21:52 | 町と暮らしと自然の風景

お伊勢さんに初詣。おかげ横丁、おはらい町も愉し。

・今年も伊勢神宮さんへ初詣に参じてまいりました。冷たく寒い毎日が続きますが、思い切って重い腰を上げました。途中、滋賀県は小雪降るお天気でちよっと心配しました。でも三重県に入りますとお天気も回復。清々しく、凛とした空気の中、参拝してまいりました。大勢の参拝者で賑わっていました。さすが八百万の神の総本山ですね。(1月27日撮影)

▼内宮の入口に建つ、宇治橋の鳥居。
a0279738_20583415.jpg
▼宇治橋から見る清く美しい五十鈴川の流れ。
a0279738_21032887.jpg
▼石の階段を登ると正面が内宮さんです。
a0279738_20591329.jpg
▼内宮さんへの石の階段、何人の方が登られたことでしょう。
a0279738_20592505.jpg
▼内宮さん近くにある風日祈宮へ。今年初めて参拝。
a0279738_20595379.jpg
a0279738_20594162.jpg
▼神宮さんの後はおかげ横丁、おはらい町へ。
昼食に頂戴しました地元産の蒸し牡蠣。美味でした。
a0279738_21003335.jpg
▼毎年恒例!暖簾・宣伝物のグッドデザインご紹介。これも楽しみの一つです。
とくとご覧あれ。
a0279738_21014474.jpg
a0279738_21015464.jpg
a0279738_21021637.jpg
a0279738_21024604.jpg
a0279738_21031044.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2018-01-28 21:44 | 町と暮らしと自然の風景


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧