人気ブログランキング |

「幾一里のブログ」 京都から ・・・



ガラスの茶室「光庵」ご紹介。国立新美術館(東京)にて公開中。

・吉岡徳仁作(デザイナー/アーティスト)・・・ガラスの茶室「光庵」が東京六本木にある国立新美術館で只今公開中。吉岡氏は1967年生まれ、倉俣史朗、三宅一生のもとでデザインを学び、主にデザイン、建築、現代美術の分野で活躍。光と自然をテーマにした詩的な作品を生み出されています。

・ガラスの茶室は、2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展で発表、国内では2015年京都将軍塚清龍殿にて披露、話題を集めたそうです。まさに解放感360度の光の建築ですね。公開期間は2年先の2021年5月10日まで。観覧無料。(6月8日撮影)

(国立新美術館の所在地・東京都港区六本木7-22-2、電話・03-5777-8600、HPあり、休館日・毎週火曜及び年末年始)

▼同展のPRパンフレットより
a0279738_20255525.jpg
▼国立新美術館の屋外に展示されたガラスの茶室、背景の建物は美術館。
a0279738_20283462.jpg
a0279738_20280248.jpg
a0279738_20312079.jpg
▼同展のPRパンフレットより。
a0279738_20260845.jpg
▼地下鉄駅から美術館への通路もご覧の通りアート感覚でした。
(東京メトロ千代田線乃木坂駅6番出口を利用)
a0279738_20272278.jpg


by ikuitiri | 2019-06-17 21:32 | 古いもの、愉しきもの
<< 微笑仏/木喰さんを訪ねて。新潟... 美味なるお饅頭とお酒!・・・金... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧