「幾一里のブログ」 京都から ・・・



お化けかるた/文月7月・2018幾一里カレンダーより。

・夏本番到来。今年も早や一年の半分が終了。折り返しです。皆様におかれましては、熱中症や夏バテに留意され、この夏を愉快にお過ごしくださいますよう心よりお祈り申し上げます。

・夏と言えば怪談・・・怖くて背筋が寒くなるようなお話。お化けもその一つ。写真の「お化けかるた」は江戸後期の木版摺りです。読み札もありますが、小生には読めません。読めればどれほど面白くなることかと思います。一枚一枚見ていますと怖いどころか愉しくなってまいります。よくぞこれだけお化けの種類を創作したものだと感心することしきりです。
傘も化けて目のある月夜哉  与謝蕪村
怪談の昨日のつづき涼み台  高浜虚子

・高浜虚子の俳句を読んでいますと子供の頃を思い出します。夕方になると、家の軒先にある床几(しょうぎ)に近所の子供たちが座って、お隣のおばあさんから「怖~い話」や「昔話」をよく聞きました。当然テレビの無い時代です。子供ながらに大人の方たちとのコミュニケーションを愉しんだものでした。
a0279738_09234415.jpg
a0279738_16095279.jpg
▼カレンダーご入用のお方様は、幾一里へお問い合わせください。
a0279738_16103434.jpg
(カレンダー掲載品はいずれも非売です。ご了承ください。)





[PR]
by ikuitiri | 2018-06-30 16:34 | 古いもの、愉しきもの
<< 祇園祭2018①/山鉾巡行の「... 景観良好・コンビニ2店/奈良と... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧