「幾一里のブログ」 京都から ・・・



葛川明王院と地主神社点景・・・大津市葛川坊村町にて②

・大津市葛川坊村町には平安時代からある明王院と地主神社が鎮座しています。今も天台修験の道場として崇められています。

・どちらも、平安時代初期に比叡山延暦寺回峰行の祖とされる相応(そうおう)和尚が開かれています。明王院は修験の道場として、地主神社は明王院の鎮守、守護神として創建されています。

・両寺社共に国の重要文化財に指定されています。また、随筆家・白洲正子氏の「かくれ里」のなかでもとりあげられ、いつも静かに訪ね人を迎えてくれます。機会あればぜひお訪ねを。おすすめです。

▼地主神社の前を通り、明王谷川の朱橋を渡ると明王院です。
a0279738_15395567.jpg
▼比良山からの清流…明王谷川。
a0279738_15404611.jpg
▼明王院の風景です。
a0279738_15480859.jpg
a0279738_15421600.jpg
a0279738_15424335.jpg
a0279738_15431471.jpg
a0279738_15432596.jpg
a0279738_15435405.jpg
▼地主神社の風景です。
a0279738_15444016.jpg
a0279738_15445160.jpg
a0279738_15450763.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2018-06-10 16:31 | 町と暮らしと自然の風景
<< 今朝、朝顔の花が今夏初めて咲き... 卯の花と雪ノ下と鮎と・・・。大... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧