「幾一里のブログ」 京都から ・・・



絵手紙のむら・長野県栄村「絵手紙美術館」を訪ねて。

・豪雪で有名な新潟との県境・長野県栄村に絵手紙の美術館があるのをご存知でしょうか。新潟市に住む友人に会うため出掛けたその足で栄村へ。絵手紙人口は近年増えつつあるようで、大変興味をそそられました。

・その絵手紙美術館とは、栄村「国際絵手紙タイムカプセル館」と「白い森の美術館」です。この二館を拝見しますと絵手紙の愉しさが手に取るように分かります。特に「白い森の美術館」にある「山路智恵(やまじともえ)絵手紙美術館」は圧巻でした。山路さんは小学校入学式の日から絵手紙をかきはじめ30年になるそうです。1993年には小川未明文学賞特別賞を受賞されています。企画展として11月30日まで「絵手紙にこめた小学生時代・いい春しょって2000日」が開催されています。(5月18日撮影)

▼山路智恵さんの作品。(美術館のパンフレットより)
a0279738_16474764.jpg
▼記念撮影コーナー。(国際絵手紙タイムカプセル館)
a0279738_16483139.jpg
▼絵手紙の大事な七つのポイントとは・・。
a0279738_16490059.jpg
「栄村・絵手紙美術館メモ」
所在地・長野県下水内郡栄村北信2503 電話・0269-87-1920
休館日・火曜日(祝日は営業)及び冬期(12~4月)
開館時間・10:00~17:00(入館16:30まで)
有料、HPあり

▼栄村国際絵手紙タイムカプセル館の建物。
a0279738_16491476.jpg
▼美術館は自然豊かなスキー場の一角にあります。
心温まる絵手紙と自然の美しさに魅了されました。
a0279738_16494794.jpg
▼日本絵手紙協会発行の教本とパンフレット。
a0279738_16501119.jpg



[PR]
by ikuitiri | 2018-05-19 18:02 | 町と暮らしと自然の風景
<< 心に留まる言葉№31/来迎寺さ... 心に留まる言葉№30。妙泉寺さ... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧