「幾一里のブログ」 京都から ・・・



河東碧梧桐作、桜の俳句をご紹介します。

・「散る頃乃 さくら隣のも 吹き誘ひくる」・・・俳人・河東碧梧桐(1873~1937)の俳句。揮毫も碧梧桐ご本人です。明治から大正期に活躍。高浜虚子と共に正岡子規門下の双璧と称されました。
a0279738_22204233.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-03-30 22:14 | 古いもの、愉しきもの
<< 安藤雅信 陶展「おしゃれなう... 京都・二条城の夜桜、幻想的でした。 >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧