人気ブログランキング |

京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」



『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。

・めずらしい建築の展覧会が、いま京都国立近代美術館で開催中。タイトルは『分離派建築会100年、建築は芸術か?』会期は3月7日までです。

・分離派建築会…小生は初めて知りました。今から百年前の大正9年(1920)、東京帝国大学建築学科6名の学生さんが始めた日本で初めての建築運動だそうです。明治から大正の自由主義機運のなかで、日本独自の建築とは何か、建築の芸術とは何かを追求。その足跡を写真、模型、建具、設計図等で紹介されています。

・建物の写真や模型を拝見していますと「モダン」という言葉がピッタリ。何かしら心をゆったり気分にさせるデザイン、人を温かく包んでくれるようなデザインであると思いました。自己主張があるのに、それを感じさせない豊かさを感じました。原理原則はいつの時代もそうあってほしいもの。京都は特に町並みや景観を第一にした建物づくりが大切だといつも思っています。

・分離派建築会発足の頃は、大正デモクラシーの時代。白樺派や民藝運動なども起こり、日本の文化・芸術面でも歴史の一頁を画しました。先達の皆さんは立派ですね~。
『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。_a0279738_15125191.jpg
▼今展のPRパンフレットより。
『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。_a0279738_15105437.jpg
▼分離派建築会の宣言文です。
『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。_a0279738_15113277.jpg
▼展覧会入り口にある「ブンリ派」のネオンサイン?。
大正・昭和ロマンを感じさせます。
『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。_a0279738_15120787.jpg
▼当時の実例写真です。展覧会入り口の写真パネルより。
(本項トップの写真含む)
モダンですね~。心が和みますね~。
住んでみたいと思いませんか。
クールでなく、ギスギスせず、精神的にも良いですね。
『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。_a0279738_15123389.jpg
『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。_a0279738_15131507.jpg
『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。_a0279738_15133724.jpg
『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。_a0279738_15140773.jpg
▼会場で限定配布の「マンガで見る実録エピソード集」(全16頁)
『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。_a0279738_15143360.jpg
▼近代美術館のコレクションルームのロビーから見る
平安神宮の大鳥居、比叡山遠望…。
『分離派建築会100年展』のご紹介。京都国立近代美術館にて、3月7日まで。_a0279738_15234933.jpg

# by ikuitiri | 2021-02-21 17:02 | 古いもの、愉しきもの

美しい!岩手県・中尊寺金色堂「華鬘」拓本幅のご紹介。

・一度は行ってみたいと思いながら、まだ見ぬ憧れの岩手県平泉「中尊寺」。今回は中尊寺の国宝・金色堂の堂内具である金銅華鬘(けまん)の拓本幅をご紹介します。もちろん華鬘も国宝。拓本と言えども大切なものです。

・華鬘は、金色堂の須弥壇に飾られていたもので、6面あり、現在は新装の讃衡蔵(さんこうぞう)に保管、展示されているそうです。平安時代(12世紀)の作、金銅製で、縦29㎝、横33㎝。宝相華唐草紋透かし彫りで、鳥の翼を付けた童子の舞う姿が優美です。いかにも平安時代らしい荘厳な雰囲気です。

・写真の拓本幅は、いま幾一里の床の間に掛けています。ご興味のある方はぜひご高覧ください。

「燦然と 金色堂や 春の昼」 河野静雲
美しい!岩手県・中尊寺金色堂「華鬘」拓本幅のご紹介。_a0279738_16490557.jpg
▼雪の金色堂と華鬘です。(中尊寺さんのホームページより)
中尊寺さんのHP ➡ https://chusonji.or.jp
美しい!岩手県・中尊寺金色堂「華鬘」拓本幅のご紹介。_a0279738_16432147.jpg
「五月雨の 降残してや 光堂」

「夏草や 兵どもが 夢の跡」
松尾芭蕉
美しい!岩手県・中尊寺金色堂「華鬘」拓本幅のご紹介。_a0279738_16425937.jpg


▼拓本幅の軸寸・全長114㎝、幅45㎝(新装)
(拓本幅の写真2点は骨董情報誌「小さな蕾」のご協力を得ています。)
美しい!岩手県・中尊寺金色堂「華鬘」拓本幅のご紹介。_a0279738_16454915.jpg

# by ikuitiri | 2021-02-16 17:43 | 古いもの、愉しきもの

早春!梅花と書画を愉しむ。京博「新聞人のまなざし展」ご紹介、3月7日まで。

・早春の一日、京都国立博物館へ。京博の庭園には紅梅、白梅が咲き誇り、名品の展観と相まって、ホッとする一時となりました。

・いま京博では、特別企画「新聞人のまなざし」展が開催されています。とは言っても新聞に関する展覧会ではありません。現朝日新聞の前身、大阪朝日新聞の創業者の一人である上野理一氏(1848~1919、号は有竹)の名品コレクション展です。国宝、重文を含む日本と中国書画の名品約50点を展観。奥の深い見応えのある名品ばかりでした。

・上野コレクションは、京博に寄贈されており、また、仏教美術研究上野記念財団設立五十年という節目を機会に今展が開催されています。心に響きます。ぜひご高覧あれ。会期は3月7日まで。詳細は京博のHPで。

▼本展のPRパンフレット
早春!梅花と書画を愉しむ。京博「新聞人のまなざし展」ご紹介、3月7日まで。_a0279738_15483423.jpg
▼本展の図録表紙。写真の国宝・山越阿弥陀図は圧巻です。(鎌倉時代)
以下の作品写真は本展の図録より。
早春!梅花と書画を愉しむ。京博「新聞人のまなざし展」ご紹介、3月7日まで。_a0279738_15485952.jpg
▼以下は中国の書画
早春!梅花と書画を愉しむ。京博「新聞人のまなざし展」ご紹介、3月7日まで。_a0279738_15415982.jpg
早春!梅花と書画を愉しむ。京博「新聞人のまなざし展」ご紹介、3月7日まで。_a0279738_15422518.jpg
早春!梅花と書画を愉しむ。京博「新聞人のまなざし展」ご紹介、3月7日まで。_a0279738_15424213.jpg
▼楷書蘭亭序一節 上野有竹筆
早春!梅花と書画を愉しむ。京博「新聞人のまなざし展」ご紹介、3月7日まで。_a0279738_15425808.jpg
▼京博の庭園にある紅梅、白梅、ならびに石像は大日如来(行願寺伝来、平安時代)
早春!梅花と書画を愉しむ。京博「新聞人のまなざし展」ご紹介、3月7日まで。_a0279738_15433691.jpg
早春!梅花と書画を愉しむ。京博「新聞人のまなざし展」ご紹介、3月7日まで。_a0279738_15440418.jpg
早春!梅花と書画を愉しむ。京博「新聞人のまなざし展」ご紹介、3月7日まで。_a0279738_15442301.jpg

# by ikuitiri | 2021-02-12 17:03 | 古いもの、愉しきもの

琵琶湖・湖西の名所散策❷『上原酒造探訪』

・今回のブログは、滋賀県湖西・高島市の名所散策、後編です。新旭町にある「上原酒造」さんを訪ねました。上原酒造さんと言えば銘酒「不老泉(ふろうせん)」の蔵元として知られています。

・上原酒造さんのこだわりは、辛口、甘口だけがお酒の味わいではなく、「旨口(うまくち)」という味わいもあるというポリシーです。築約150年という仕込み蔵で昔ながらの「木槽天秤(もくそうてんびん)しぼり」という技法でお酒をしぼっておられます。機械だと一日の作業が三日かかるそうです。琵琶湖に流れ込む比良山系の良質の水が美味しいお酒の源です。

・その土地の気候、風土と住まう人とが結びついて作り出した郷土の味。大切にしたいものです。土地柄がなくなって行く昨今、人にも、土地にも個性がなくなっては愉しくありません。個性を大事にと思うことしきりです。(1月27日撮影)
琵琶湖・湖西の名所散策❷『上原酒造探訪』_a0279738_15373045.jpg
▼酒蔵独特のシンボル「杉玉」が掲げられています。
琵琶湖・湖西の名所散策❷『上原酒造探訪』_a0279738_15375979.jpg
▼築約150年の堂々たる仕込蔵です。
琵琶湖・湖西の名所散策❷『上原酒造探訪』_a0279738_15383350.jpg
琵琶湖・湖西の名所散策❷『上原酒造探訪』_a0279738_15400723.jpg
琵琶湖・湖西の名所散策❷『上原酒造探訪』_a0279738_15390510.jpg
▼酒米の種類の見本が紹介されていました。長いのでは150㎝もありました。
残念ながら仕込中のため、蔵の中は拝見できませんでした。
琵琶湖・湖西の名所散策❷『上原酒造探訪』_a0279738_15393015.jpg
▼頂戴して帰りました銘柄です。晩酌は不老泉銘の猪口で…。
琵琶湖・湖西の名所散策❷『上原酒造探訪』_a0279738_15411221.jpg
▼帰路、近くの海津大崎へ。静かで凛とした琵琶湖が印象に残りました。
琵琶湖・湖西の名所散策❷『上原酒造探訪』_a0279738_15450288.jpg



# by ikuitiri | 2021-02-08 16:45 | 町と暮らしと自然の風景

琵琶湖・湖西の名所散策❶『鵜川の石仏&白髭神社』

・滋賀県は琵琶湖を核に比良山、伊吹山などを抱き、近江平野が広がる大自然豊かなところ。だからこそ、歴史と文化の香りがしっかり残っています。小生は何かしら心が惹かれます。今回は湖西・高島市にある➀鵜川の石仏と白髭神社、次回は②上原酒造の酒蔵を訪ねます。(1月27日撮影)

・先ずは、『鵜川四十八体石仏群』です。白髭神社近くの草深い山中の墓地に石彫・阿弥陀如来座像が33体鎮座しておられます。圧巻。こんなに多くの石仏群を見ることはありません。それも高さ1.6mほどあります。古文書によると元は48体あったそうです。そのうち13体は江戸期に大津市坂本の慈眼堂へ、2体は行方不明とのこと。
いずれにしても室町時代の作でありましょう。
琵琶湖・湖西の名所散策❶『鵜川の石仏&白髭神社』_a0279738_14462343.jpg
▼鵜川四十八体石仏の由緒
琵琶湖・湖西の名所散策❶『鵜川の石仏&白髭神社』_a0279738_14464831.jpg
琵琶湖・湖西の名所散策❶『鵜川の石仏&白髭神社』_a0279738_14472400.jpg
琵琶湖・湖西の名所散策❶『鵜川の石仏&白髭神社』_a0279738_14474823.jpg
▼石仏群のあたりから眺めた琵琶湖風景・・近江富士が美しい。
琵琶湖・湖西の名所散策❶『鵜川の石仏&白髭神社』_a0279738_14482678.jpg
・次に訪ねましたのが、国道161号線沿いにある『白髭(しらひげ)神社』です。湖中に朱塗りの大鳥居があるため、「近江の厳島」とも呼ばれ、航海安全、人の営みごとの「導きの神」として古来より信仰を集めています。祭神は猿田彦命、創建以来2000余年歴史があるそうです。有名な近江八景にはなぜか入っていませんでした。源氏物語の紫式部もこの地を訪ねています。歌碑(写真参照)が往時をしのばせてくれます。
琵琶湖・湖西の名所散策❶『鵜川の石仏&白髭神社』_a0279738_14491786.jpg
琵琶湖・湖西の名所散策❶『鵜川の石仏&白髭神社』_a0279738_14502305.jpg
▼紫式部の歌碑
「みおの海に 網引く民の てまもなく 立ちゐにつけて 都恋しも」
996年(平安時代、長徳二年)、越前国司として赴任する
父・藤原為時に従ってこの地を通った際に詠んだもの。
琵琶湖・湖西の名所散策❶『鵜川の石仏&白髭神社』_a0279738_14510537.jpg
▼湖中の大鳥居。社殿は湖岸を通る国道161号線をはさんだ向かいにあります。
琵琶湖・湖西の名所散策❶『鵜川の石仏&白髭神社』_a0279738_14514160.jpg

# by ikuitiri | 2021-02-04 16:06 | 町と暮らしと自然の風景

50年ぶり、間近に見る「太陽の塔」!(大阪万博公園にて)

・大阪万博公園にある「大阪日本民芸館」へ行ってまいりました。大阪万博50周年を記念した「根の力展」を拝見に…。帰路、ちょっと遠回りして、いつも遠目に見ている「太陽の塔」へ。間近に、しかも正面から対面させて頂くのは1970年以来。なんと50年ぶり。懐かしくて、懐かしくて…。小生も20代だったんですから。いろんな思い出がよみがえってまいりました。

・この太陽の塔は「芸術は爆発だ」と語った「岡本太郎氏(1911~1996)」の作品。高さ70m、今はない「お祭り広場」の大屋根を貫いてそびえていました。過去、現在、未来を貫く生命力を象徴。内部(公開中)には「生命の樹」がレイアウトされました。岡本太郎氏、ものスゴイ方ですね。

・'70万博のテーマは「人類の進歩と調和」。曰く、技術文明の進歩は、同時に自然や人間性を損なうなど、様々なひずみを生む・・この問題をどう解決し、調和ある進歩をどう実現していくのかを考える、とありました。さて、50年経って、現実は如何なものでしょうか。
50年ぶり、間近に見る「太陽の塔」!(大阪万博公園にて)_a0279738_14320839.jpg
50年ぶり、間近に見る「太陽の塔」!(大阪万博公園にて)_a0279738_14331038.jpg
50年ぶり、間近に見る「太陽の塔」!(大阪万博公園にて)_a0279738_14325105.jpg
50年ぶり、間近に見る「太陽の塔」!(大阪万博公園にて)_a0279738_14340917.jpg
50年ぶり、間近に見る「太陽の塔」!(大阪万博公園にて)_a0279738_14343609.jpg
50年ぶり、間近に見る「太陽の塔」!(大阪万博公園にて)_a0279738_14431513.jpg
▼イサム・ノグチ氏作の「月の世界」。万博時は噴水として利用されていました。
現在は大阪日本民藝館前の平和のバラ園に置かれています。
50年ぶり、間近に見る「太陽の塔」!(大阪万博公園にて)_a0279738_14350101.jpg



# by ikuitiri | 2021-01-30 15:31 | 町と暮らしと自然の風景

土と火「植松永次展」をご紹介。兵庫陶芸美術館にて。(会期終了)

植松永次氏は、ご自分の仕事を「土遊び、火遊び」と仰っています。会場にこのような言葉が・・「子供の頃、地面に棒切れで線を引く、穴を掘る、だんごを作る。それは、人間が木の実を採り、火を知り、土が焼け、形が残る。そこから土器や祈りの形が生まれたのと同じではないでしょうか。今、土遊び、火遊びから発見した形をここに置いて、また、何か見えて来たようです。」と…。

・陶芸のような、彫刻のような独創的な土の芸術家とも言うべき植松氏の作品展が「兵庫陶芸美術館」で開催中。会期は2月21日まで。日本六古窯の一つ丹波焼のふるさと立杭にあります。本展会期中は、「ひょうごゆかりの古陶磁展」ならびに「丹波焼の世界SEASON4展」も併催されています。一日ゆっくり陶芸のふるさとを探訪されてみては如何でしょうか。

・兵庫陶芸美術館・・兵庫県丹波篠山市今田町上立杭4、電話079-597-3961、HPあり。休館・毎月曜日、開館時間10:00~18:00、有料

▼会場風景
土と火「植松永次展」をご紹介。兵庫陶芸美術館にて。(会期終了)_a0279738_20441784.jpg
土と火「植松永次展」をご紹介。兵庫陶芸美術館にて。(会期終了)_a0279738_20424102.jpg
土と火「植松永次展」をご紹介。兵庫陶芸美術館にて。(会期終了)_a0279738_20453615.jpg
土と火「植松永次展」をご紹介。兵庫陶芸美術館にて。(会期終了)_a0279738_20445203.jpg
土と火「植松永次展」をご紹介。兵庫陶芸美術館にて。(会期終了)_a0279738_20440381.jpg
土と火「植松永次展」をご紹介。兵庫陶芸美術館にて。(会期終了)_a0279738_20452409.jpg
土と火「植松永次展」をご紹介。兵庫陶芸美術館にて。(会期終了)_a0279738_20513074.jpg
▼本展のPRパンフレット
土と火「植松永次展」をご紹介。兵庫陶芸美術館にて。(会期終了)_a0279738_20413920.jpg

# by ikuitiri | 2021-01-26 21:39 | 古いもの、愉しきもの


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧