「幾一里のブログ」 京都から ・・・



続報!大阪市立美術館「木×仏像展」(会期終了)

・やっと5月11日、大阪市立美術館へ参じてまいりました。既報の「木×仏像展」を拝見。ことのほか飛鳥から平安時代の仏像に感動。どの仏像もぐるり四方から観覧でき、ゆっくり存分に愉しませて頂きました。

・美術館は、昭和11年に開館。敷地は住友家本邸だったそうです。(住友家からの寄贈)天王寺公園の一角に美術の殿堂として私達を愉しませてくれています。

▼「木×仏像展」の会期は、6月4日まで。ぜひお出掛けください。
a0279738_12361859.jpg
▼大阪市立美術館は昭和11年に開館。建物は左右対称デザインの洋風建築で、屋根は和瓦を使用。当時としては和洋折衷の超近代建築だったことでしょう。今ではレトロ感覚の重厚な建物ということになるのでしょうか。
a0279738_19501641.jpg

a0279738_19502893.jpg
▼美術館の玄関からは、大阪名物の通天閣が真正面に・・。
a0279738_19504337.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-05-12 11:47 | 古いもの、愉しきもの

新緑の京都御所を散策してまいりました。

・今日は雨上がりの新緑の京都御所へ。旧知の友人達との散策。建築美、庭園美に浸ってまいりました。現在は広い敷地にゆったりと内裏(だいり)が建っていますが、東京遷都までは約200軒の公家屋敷も建ち並んでいたそうです。さぞ賑わっていたことでしょう。

・現在は市民や観光の方々の歴史散策と憩いの場として解放され、京都に御所があって良かったと思うことしきりです。皆さんも機会を見つけてぜひ御所散策にお出掛け下さい。

・紫宸殿など京都御所内は以前とちがい通年公開されており、事前申請なしで参観できます。月曜日や年末年始、行事等の際はお休み。問合せは宮内庁京都事務所 電話075-211-1215へ。(5月10日撮影)
a0279738_19155364.jpg
a0279738_19153835.jpg
a0279738_20265605.jpg

a0279738_19162437.jpg
a0279738_19175094.jpg
a0279738_19181045.jpg
a0279738_19183017.jpg
a0279738_19185197.jpg
a0279738_19190613.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-05-10 20:11 | 町と暮らしと自然の風景

特別展「木×仏像」・・大阪市立美術館にて、6月4日まで。

・一日も早く拝見したくてたまらない展覧会の一つです。タイトル通り、飛鳥時代から江戸時代の円空仏まで、日本の木彫仏1000年の歴史を物語る約70体が大阪市立美術館に勢揃いしています。木と日本人、木と仏像、自然と祈り・・・日本人の心が見えてきそうな展覧会ではないでしょうか。皆さんもぜひ機会を見つけてお出掛け下さい。会期は6月4日(日)まで。

▼写真は全て美術館のPRパンフレットより、トップは京都西住寺の宝誌和尚立像(平安時代、重文)
a0279738_14460785.jpg
[大阪市立美術館メモ]
「所在地」大阪市天王寺区茶臼山町1-82(天王寺公園内)、「HPあり」、「休館日」毎月曜日、「開館時間」9:30~17:00(入館は16:30まで)、「有料」 

▼左・飛鳥時代の菩薩立像(東京国立博物館)、右・奈良唐招提寺の薬師如来立像(奈良時代、重文)
a0279738_14464049.jpg
▼左・滋賀阿弥陀寺の千手観音菩薩立像(平安時代、重文)、右・円空作十一面観音菩薩立像(江戸時代)
a0279738_14462291.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-05-05 20:00 | 古いもの、愉しきもの

今日の京都のワン・ショット/鯉のぼり・5月5日

・今日は子どもの日、端午の節句・・今朝、自転車で走っていますと写真のような光景に出会いました。公園に鯉のぼりを集めて節句を祝っておられました。ご町内か学区の方のご尽力でしょう。心温まる光景でした。(夷川通にて)
a0279738_20265392.jpg
a0279738_20263779.jpg


[PR]
# by ikuitiri | 2017-05-05 17:30 | 古いもの、愉しきもの

ビルの屋上に農場。街のオアシス誕生。

・京都烏丸三条近くにある、野菜&食品ショップ「八百一本館」ビルの屋上いっぱいに農場が広がっています。新緑の季節と相まって美しい田園風景が目に輝きます。街のオアシスそのもの、ゆっくりくつろげます。農場を囲むようにレストランとコーヒースタンドがあり人気です。(4月30日撮影)

・この農場は、「街のなかで生活していると、野菜はどのように成長するのか、育てるのにどんな手間がかかるかということを身近に感じる機会はそうそうありません。・・・植物への探究心をたくさん育てていただきたい。お客様のほんの少しの興味が日本の農業を再生させる小さな一歩になるかもしれません。」という八百一さんの思いが現実のものとなったようです。感銘しますね。「」内は八百一さんのパンフレットより抜粋。
a0279738_19321563.jpg
「八百一本店の所在地」 京都市中京区東洞院通三条下ル三文字町220 (HPあり)
▼農場には小川も流れています。蝶々も畑のなかを楽しそうに舞っていました。

a0279738_19333130.jpg
a0279738_19325600.jpg
a0279738_19341143.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-04-30 20:23 | 町と暮らしと自然の風景

心に留まった言葉№23・・・妙泉寺さんの掲示板から

「心掛けたい三つ配り・・・目配り、気配り、心配り」
本当にそうですね、相手の顔色だけを見るのではなく、相手さんの気持ちになった対応が最も大事です。そこに真のコミュニケーションが生まれます。お客様にも、職場の皆さんにも、家族の方々にも。しっかり心に留めたいものです。妙泉寺さんは、京都市中京区三条通大宮西入ル南側です。三条会商店街に面しています。
a0279738_15295526.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-04-28 15:47 | 町と暮らしと自然の風景

ご来場感謝!「新宮州三木漆展」無事終わりました。

・4月15日から23日まで、幾一里のアトリエにて開催の「新宮州三木漆展」は無事終了いたしました。大勢のお客様にお越し頂き誠に有り難うございました。厚く御礼申し上げます。少しばかり会場風景をご紹介させて頂きます。
a0279738_20232033.jpg
a0279738_20253145.jpg
a0279738_20265416.jpg
a0279738_20281616.jpg
a0279738_20290259.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-04-24 20:30 | 幾一里の工芸展ご紹介


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧