「幾一里のブログ」 京都から ・・・



<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ワインを入れたい!古染付の水注です。

・この水注に初めてお目にかかった時、「あっ!これでワインを入れて飲みたい」と思った次第です。美味しさ倍増です。優美な姿に美しい染付、嬉しいものです。

・古染付は、中国の明時代末から清時代初期頃に景徳鎮で作られた染付の磁器です。当時の日本の茶人に好まれ、大層珍重されたもののようです。

・只今店内に。ぜひご高覧ください。写真は、骨董情報誌「小さな蕾」編集部さんのご協力を得ました。

▼古染付 龍口人物文水注 高さ15.5㎝。
a0279738_13524496.jpg
a0279738_1353643.jpg
a0279738_13532235.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2016-02-29 14:17 | 古いもの、愉しきもの

心に留まった言葉№18・・・願照寺さんの掲示板から

・「水はつかめせん、すくうもの。心もつかめせん、汲みとるもの。」・・・大切な水と同じように、人の心も汲みとり、思いやる気持ちが大事と諭されているのではないでしょうか。日々心せねばと思う次第です。

・願照寺さんは、京都市中京区富小路通二条下ル西側。前をお通りの際は、ぜひ掲示板をご高覧ください。
a0279738_1632093.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2016-02-25 16:21 | 町と暮らしと自然の風景

広告界の雄!浅葉克己個展 「アサバの血肉化」。(会期終了)

・アートディレクターとして日本の広告デザイン史を飾る数多くの作品を手掛けられた浅葉克己氏(1940~)。その仕事の全貌を紹介する個展が『京都dddギャラリー』にて開催されています。 3月19日(土)まで、入場は無料です。

・小生も浅葉氏のお名前は存じていましたが、どのような作品を作られたかは無知でした。なんと、西武百貨店の「おいしい生活」(1982)も浅葉作品でした。若い頃、これは面白い!と感心したものです。世の中も、広告界も、今よりもっと元気な時代でした。あれも、これも知っている・・・楽しい展覧会でした。刺激されます。やはりコンセプト第一ですね。(写真撮影はご許可頂いています。)
a0279738_15455723.jpg

▼展覧会のPRパンフレットより。
a0279738_15442825.jpg

▼浅葉氏のマネキンも登場。
a0279738_15462861.jpg

a0279738_1548973.jpg

a0279738_15483461.jpg

※京都dddギャラリーMEMO/所在地・京都市右京区太秦上刑部町10(大日本印刷さんの構内)、TEL075-871-1480、日曜・祝日休館、11:00~19:00(土曜は18:00)、HPあり。3月19日(土)まで開催。
a0279738_1549144.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2016-02-24 17:15

卵黄?それとも・・・金柑の甘露煮です。

・冬が旬の金柑(きんかん)。黄色い美しい実です。これを家内が、甘露煮にしました。NHK番組みんなのきょうの料理で紹介のレシピを参考に、フォークで穴をあけ、蒸し器で蒸し、シロップを作り、煮る・・・孤軍奮闘すること約40分。一晩寝かせて今朝我々の口へ・・・という次第でした。

・酸味のある大人の甘さと爽やかな香りがGOODでした。金柑は免疫力を高める健康食品だそうです。皆さんもお試しあれ・・・。
a0279738_17124655.jpg
a0279738_17125818.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2016-02-13 17:40 | 町と暮らしと自然の風景

心に留まった言葉№17・・・妙泉寺さんの掲示板から

・「ありがとう 言われるように 言うように」。妙泉寺さんの言葉は、いつも心にグッとくるものばかり。そして、歳を重ねても出来ないことばかり。反省しながら、妙泉寺さんに、いつも有り難うございます。感謝。

・妙泉寺さんの住所は、京都市中京区三条通大宮西入ル南側。三条商店会においでの際はぜひ掲示板をご高覧ください。
a0279738_20202596.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2016-02-12 20:37 | 町と暮らしと自然の風景

染織家「志村ふくみ展」、京都国立近代美術館にて。(会期終了)

・初めてこんなに多くの作品を拝観させて頂きました。いま京都国立近代美術館では染織家・志村ふくみさんの60年にわたる創作活動が紹介されています。志村ふくみさんは昨年文化勲章を受章。「民衆の知恵の結晶である紬の創作を通して、自然との共生という人間にとって根源的な価値観を思索し続ける芸術家」として讃えられました。

・糸を自然の草木から染め上げ、丹念に織り上げて行くという魂のこもった作品は人々を魅了。小生も拝見して、大袈裟ですが、染織・着物とういう概念ではなく、大自然と対峙しているような感覚にひたりました。

・志村ふくみさんは、大正13年、滋賀県近江八幡市のご出身。作品の中に琵琶湖にちなんだものが多かったのもそのためでしょうか。ぜひご高覧ください。おすすめします。

・会期は3月21日まで、有料。月曜休館、3/21は開館。9:30~17:00、入館は16:30まで。

▼美術館発行のPRパンフレットより
a0279738_18352874.jpg
a0279738_18353952.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2016-02-05 19:04 | 古いもの、愉しきもの

節分、立春・・・季節の便り。

・今日は節分。明日は立春。暦の上では冬が少しずつ遠ざかり、春の訪れとなります。日照時間も日に日に長くなります。それとともに、心まで明るくなってまいります。季節の移ろいだけは正確ですね。立春大吉、良きことの重なる春でありますように。

・毎年節分には、近くの壬生寺さんへお参りします。壬生寺の節分会(せつぶんえ)は、平安時代、白河天皇の発願に始まるそうです。御所からは南西の方角で、裏鬼門にあたります。悪鬼が出入りする裏口を封じてしまおうという訳です。左京区の吉田神社は表鬼門にあたり、壬生さんとともに節分時には大賑わい。ご利益がありますように・・・。

▼壬生寺さんでは、古式通りの厄除けの炮烙(ほうらく)奉納が盛んです。小生も毎年奉納しています。家内安全などの願い事と家族の年齢を記し奉納いたします。
a0279738_20458100.jpg

▼奉納した炮烙は、4月に行われる壬生大念仏狂言の際、写真のように狂言堂の舞台から落とされ、供養されます。
a0279738_20481321.jpg

▼一年中でいちばん賑わう壬生寺さんの節分会。
a0279738_20452077.jpg

▼季節のお菓子・・・鶯(うぐいす)餅を頂戴しました。鶯の姿や羽の色をシンプルにまとめた春のお菓子です。
ここにも自然と人との深いつながりを感じます。美しく、そして上品な甘さ・・・春を感じます。
a0279738_20461047.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2016-02-03 21:39 | 町と暮らしと自然の風景

お伊勢さんへ・・後編。

・お伊勢さんへ・・・後編は、伊勢神宮(内宮)さん参拝の後の街並みウオッチングです。神宮さんへの参道は「おはらい町通り」と呼ばれ、伝統の歴史の町並みが保存、継承されています。町の皆さんのご努力に頭が下がります。

・看板などの広告物に関しても、多分厳しい取り決めがなされていることでしょう。だからこそ、弥次さんや喜多さんと同様、江戸時代の「おかげ参り」の気分にひたれ、楽しめるのではないでしょうか。コンセプトを明確にして、心を一つにすると素晴らしいものが生まれる・・・。神宮さんのご利益でしょうか。(1月27日撮影)

▼参道のお店の軒先に吊るされた楽しく、美しいデザインの「のれん」をご覧頂きます。
a0279738_1684595.jpg
a0279738_1691198.jpg
a0279738_1693321.jpg
a0279738_1694993.jpg
a0279738_16101159.jpg

▼お伊勢さん独特の注連縄飾り。藁で編んだ堂々たるものでした。
a0279738_16105240.jpg

▼この町並みを5月のサミットの際に各国首脳にも楽しんで頂きたいものです。
a0279738_16144237.jpg

▼お昼は地元の海の幸を頂戴しました。
a0279738_1611895.jpg

▼3時のおやつは車で約30分の『カフェ シロイロ』さんへ(三重県多気郡明和町養川)。ティラミスと珈琲を頂きました。美味しいを通り越した絶品・・・でした。
a0279738_16112616.jpg

▼帰路に見た車窓からの夕景。家内が「オーロラみたい」と感嘆していました。これにて伊勢詣で終了・・・。
a0279738_16113857.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2016-02-01 17:14 | 町と暮らしと自然の風景


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧