「幾一里のブログ」 京都から ・・・



<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


清水寺花見図会の桜。

・世界文化遺産の清水寺は京都を代表する観光名所。お寺の舞台から見る京の街並みは圧巻。そして桜も。海外の観光客からも大人気。平安時代以降、清水の観音さんとして親しまれ、崇められています。

・この花見図会は、江戸は元禄頃に描かれたものと思われ、屏風の断簡のようです。清水の舞台に、音羽の滝、そして桜。のどかな江戸の春が描かれています。江戸のお花見気分を存分に味わって頂ければ幸いです。(絵の概寸・縦38×横52㎝、額装)
a0279738_15403181.jpg

▼舞台の上から景色を眺めるご一家の姿でしょうか。
a0279738_1542337.jpg

▼満開の桜のなか、桶に水を汲んで運んでおられるようです。
a0279738_15422584.jpg

▼右下は、音羽の滝。滝行をされている男性の姿が。
a0279738_15425217.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-03-31 16:23 | 古いもの、愉しきもの

本満寺さんの枝垂桜。

・いよいよ京都も桜の季節到来。今年初めて桜を拝見してまいりました。ところは、寺町通今出川上ルの「本満寺」さん。桜の季節になると多くの桜ファンが訪れます。知る人ぞ知る枝垂桜の名所です。(撮影3月27日)

・本満寺さんは、昔は本願満足寺と言ったそうで、創建は室町時代の応永17年(1410)。日蓮宗のお寺です。

「本満寺さんメモ」 所在地・京都市上京区寺町通今出川上ル2丁目鶴山町16
            電  話・075-231-4784
            境内拝観自由、拝観時間9:00~17:00
a0279738_1627353.jpg

a0279738_16281888.jpg

a0279738_16295715.jpg

a0279738_16411626.jpg

▼お寺さんも洒落てます・・・「しだれ桜 始めました」ポスター。山門前の掲示板より。
a0279738_164136100.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-03-28 17:07 | 町と暮らしと自然の風景

つばき、椿、つばき・・・。

・桜の話題も登場の今日この頃ですが、椿の花も美しく春を彩ってくれています。骨董とはことのほか相性が良く、ちょっと一輪活けて愉しまれるとともに、うつわや絵画にもモチ―フとして採り上げられ喜ばれています。

「 うれしさよ 接木の椿 花一つ 」   正岡子規
「 活けて見る 光琳の画の 椿哉 」  夏目漱石

▼鐡指公蔵(1908~1968)作・油絵「椿なぞ」、昭和24年3月画。横浜生まれ、高畠達四郎氏に師事。洋画に椿、意外と珍しいのではないでしょうか。
a0279738_19352042.jpg

▼椿文の初期伊万里皿。(径15.5㎝)
a0279738_20211546.jpg

▼知人宅にて。美しく堂々と・・・。
a0279738_2061476.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-03-25 20:33 | 古いもの、愉しきもの

今日の、京の鴨川畔・・・。

・午前中、鴨川畔を自転車でぶらり走ってきました。明るい春のひざしの中、気分爽快。散歩や走っている方、踊っている方、釣りや体操、読書、お茶会をしている方等々、様々に楽しんでおられる様子を見て、「健康で平和な風景だな~」と。鴨川畔は心と体の解放区。いつも癒されパワーを頂きます。(3月22日撮影)

▼柳も青く芽吹き、雪柳も今を盛りと咲いていました。
a0279738_17503076.jpg

▼桃の花が青空に美しく輝いて見えました。
a0279738_17504680.jpg

▼比叡山と、ウォ―カーと、のんびり太公望さんと。
a0279738_1751157.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-03-22 18:09 | 町と暮らしと自然の風景

街角の風景・・・東京・青山にて。

・骨董半ダースの会終了後、ぶらり青山の骨董通りへ。あるファッションのお店の店頭です。ここ3~4日間、骨董にどっぷりだったせいか、ものすごく新鮮に感じました。道行く人の目を楽しませてくれます。
a0279738_12114966.jpg

a0279738_1212953.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-03-16 21:50 | 町と暮らしと自然の風景

ご来場感謝・・・骨董半ダースの会終了。

・東京、西荻窪のギャラリーブリキ星にて開催の「骨董半ダースの会(3月13日~15日)」が無事終了。会期中大勢のお客様にご来場頂きたいへん嬉しく存じました。ほんとうに有り難うございました。お天気にも恵まれ幸運でした。今後とも参加店をご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

[参加店] うまこし、大隅コレクション、夏日堂、Antique Brass、antiquesわとな(以上東京)、幾一里(京都)

▼会場風景(3月13日開店前)
a0279738_21205943.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-03-16 21:36 | 幾一里の骨董展ご紹介

「骨董 半ダースの会」 開催/3月13日~15日、幾一里も参加。(会期終了)

・東京と京都の気の合う骨董屋仲間6人が集い、骨董展を開催いたします。名付けて「骨董 半ダースの会」。さて何がとびだしますやら。幾一里も参加させて頂きます。

・6人集まりますと、品揃えも洋の東西を問わず、幅広く愉しいものになるのではないかと胸ふくらませています。乞うご期待です。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げています。何かございましらお問い合せください。

・会場は、ギャラリーブリキ星/東京都杉並区西荻北5-9-11(JR西荻窪駅から徒歩約9分)

・参加店は、「東京」うまこし、大隅コレクション、夏日堂、Antique Brass、Antiquesわとな、「京都」幾一里 

[半ダースの会からのメッセージ]
みんな骨董屋なんですが、数寄者でもあるんです。
そんなメンバーの集まりが半ダースの会。
ちょっともの足りないかもしれませんが、
愉しいものを一生懸命集めました。
ぜひお出かけください。お待ちしています。

▼写真はDM。ご入用の方はご一報ください。送らせて頂きます。
a0279738_2056282.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-03-04 10:00 | 幾一里の骨董展ご紹介

心に留まった言葉№11・・・妙泉寺さんの掲示板から。

・「たんぽぽや 幾日ふまれて 今日の花」・・・春に可憐な花を咲かせ、私達を楽しませてくれる「たんぽぽ(蒲公英)」。厳しい自然の中で鍛えられ、育ち、花を咲かせます。美しい花は努力と辛抱の結果だと諭されているようです。

・妙泉寺さんは、京都市中京区三条通大宮西入ル南側。三条大宮公園の南隣。(3月3日撮影)
a0279738_164348.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-03-03 17:10 | 町と暮らしと自然の風景


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧