「幾一里のブログ」 京都から ・・・



<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


やっと「つつじ」の花が咲きました。

・ちょっと遅くなりましたが、小さな庭の「つつじ」に花が咲きました。色は白。清々しく可憐です。しばらくの間、楽しませてくれることでしょう。(5月28日撮影)

・百両の 石にもまけぬ つつじ哉(かな)  小林一茶
・近道へ 出てうれし野の 躑躅(つつじ)かな  与謝蕪村
a0279738_11181635.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-05-28 14:22 | 町と暮らしと自然の風景

越前焼の故郷から越前海岸へ…。(一楽、二萩、三唐津展は会期終了)

・日本六古窯の一つ・・・越前焼。その地(福井県丹生郡越前町小曽原)に「越前陶芸村」はあります。陶芸村の中心施設として「福井県陶芸館」があり、越前焼の歴史や作品を観て学ぶことができます。
・現在、陶芸館では、6月30日まで特別展「一楽、二萩、三唐津」を開催中。お茶碗を中心に約40点の名品が鑑賞できます。数は少な目ですが、見応えは十分。(HPは福井県陶芸館で検索。)
a0279738_11225965.jpg

⇓展示品の絵葉書より/左上は有名な重要文化財「絵唐津菖蒲文茶碗」、右下は奥高麗茶碗・銘「閑窓」、いずれも田中丸コレクション。
a0279738_1731468.jpg

⇓陶芸館隣のそば処・だいこん舎の全景。
a0279738_11224911.jpg

⇓だいこん舎の可愛い木彫の看板です。
a0279738_1123364.jpg

⇓メニューの一つ・・・「ぶっかけだいこん、たけのこごはんセット」、おそばに七味をかけると美味しい!
a0279738_11232021.jpg

⇓だいこん舎のご主人のお子様が描かれた愛らしい絵。目を引きました。
a0279738_1124796.jpg

⇓陶芸村から山越え、越前海岸方面をのぞむ。
a0279738_11235969.jpg

⇓有名な越前ガニをシンボルにした街灯デザインが微笑ましい。(越前小樟漁港付近にて)
a0279738_11245257.jpg

⇓大きなランプの付いた漁船。(越前小樟漁港にて)
a0279738_11243668.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-05-28 12:32 | 町と暮らしと自然の風景

氏神さんのお祭り。宵宮です。

・今夜(5月18日)は、氏神さん(元祇園梛神社)の宵宮。明日は本祭です。
・この5月は、京都の3大祭りである葵祭をはじめ、数多くの神社でそれぞれの地域の平安を祈って祭礼が執り行われています。
・元祇園梛神社は、京都市中京区四条通坊城の南西角にあります。2月の節分祭の際にも、隣の壬生寺さんとともに参拝者で賑わいます。

⇓金色に輝く子供神輿。明日(5月19日)の本祭では、わっしょいワッショイと掛け声も勇ましく可愛い子供たちがお神輿さんを頑張ってひきます。
a0279738_21165034.jpg

⇓夜店が所狭しとたくさん出ています。子供の頃を思い出します。金魚すくい、綿飴、飴細工、お面などが代表選手だったでしょうか・・・。裸のクリア電球のまぶしさに元気づけられたものです。
a0279738_21171791.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-05-18 21:49 | 町と暮らしと自然の風景

大阪のボストン美術館展(会期終了)、阪堺電車、住吉大社、ふくらすずめさん・・をご紹介。

・先ずは大阪天王寺公園内にある大阪市立美術館で開催中の「ボストン美術館/日本美術の至宝展」です。

・ボストン美術館(米国)は、東洋美術の殿堂と言われ、日本美術の収集でも世界屈指だそうです。有名なフェノロサや岡倉天心などによってコレクションが形成されたとのこと。奈良・平安時代の仏画から、江戸時代の曽我蕭白の迫力ある水墨画などボストン美術館の日本美術の名品が一堂に展観でき、見応えは十分。6月16日まで開催中。

⇓大阪市立美術館入口にあるモニュメント。(曽我蕭白の雲竜図がモチーフ)
a0279738_20452627.jpg

⇓美術館の近くには大阪なにわのシンボル的存在、新世界と通天閣が・・・。
a0279738_2123255.jpg

⇓百年の歴史を誇る大阪で唯一の路面電車「阪堺(はんかい)電車」・・・内装が木造のレトロ車も走っています。(阪堺電車…天王寺駅前と恵美須町から堺の浜寺駅前を結ぶ。)
a0279738_2194688.jpg

⇓マ・モ・ルを守りましょう。車内に貼られた標語ステッカー。
a0279738_2110944.jpg

⇓「すみよっさん」と親しまれている住吉大社。全国の住吉神社の総本社。朱塗りの有名な太鼓橋が見えます。
a0279738_211423100.jpg

⇓阪堺電車・東天下茶屋駅近くのカメラ店の店頭。町家とレトロモダンな看板がシャレてます。
a0279738_21143457.jpg

⇓さて次は、パンとお茶の「ふくらすずめ」さん。阪堺電車の東天下茶屋駅から徒歩数分。お作りになるパンは質も味も極上です。写真は、お店の表札。可愛いでしょ。オーナーご夫妻のお気持ちが表れているようです。
a0279738_2115154.jpg

⇓パンのショウケースには、お気に入りのレトロな古いものが使われています。パン皿は工芸作家さんのもの・・・。センスいいですね。
a0279738_21494263.jpg

⇓下の写真は、お茶のコーナー。ここにもお好きな骨董や工芸品がさりげなく飾られ、アートギャラリーと見間違うほどです。

オーナーご夫妻が「仕事を楽しんでおられる」ということが写真だけ見ても伝わってきます。パンのおいしさの秘密が分かったような気がいたしました

ふくらすずめさんの住所は、大阪市阿倍野区阿倍野元町8番5号、
電話06-7504-6419、HPはhttp://www.fukurasuzume.com
a0279738_8545755.jpg

                                      
[PR]
by ikuitiri | 2013-05-16 22:34 | 町と暮らしと自然の風景

五月晴れの丹後・・・日本三景・天橋立など。

・京都府の宮津から京丹後方面の美しい風景をご紹介。心洗われます。

(下の写真) 山に雲海ではありません。島に海です。ファンタジックですね・・・。宮津市の成相山から宮津湾を望む。
a0279738_1043336.jpg

(下の写真) 成相山の展望台から見た日本三景の天橋立。美しいの一言です。
「大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天橋立」 百人一首より(小式部内侍)

a0279738_21293864.jpg

(下の写真) 西国28番札所の成相寺(なりあいじ)で出会った石楠花(しゃくなげ)。
a0279738_21303216.jpg

(下の写真) 成相寺本堂に貼られた信者さんの千社札の数々・・・。願いが叶いますように。
a0279738_2131165.jpg

(下の写真) 成相寺の庭に鎮座ましておられた愛らしい石仏。心安らぎます。
a0279738_21312176.jpg

(下の写真) 京都府指定・有形文化財、かやぶき民家「旧永島家」の玄関上に気になるものが…。丸く結ばれた藁綱に大小二本の木刀と草鞋が吊り下げられていました。これは魔除け、厄払いのためのもので、「シリハリ」といわれます。一家の長男誕生時に親戚などからお祝いとして頂いたものだそうです。写真のものは、丹後半島中央部の大宮町字河辺のもの。昭和32年頃までこの行事は行われていたようです。武士があぐらをかいた姿に見えませんか。(参考資料・京都府立丹後郷土資料館)
a0279738_2038123.jpg

(下の写真) 弥栄町黒部の魚菜料理・縄屋さんの飾り棚・・・一輪の花がすがすがしい・・・。
a0279738_21325696.jpg

(下の写真)陶板(岸野寛作)に盛り付けられたお刺身。美しいですね。
a0279738_21335364.jpg

(下の写真)ひっそり立っている古い土蔵。この侘びた感じが何とも言えません。
a0279738_1025687.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-05-09 22:47 | 町と暮らしと自然の風景

眼福、口福な和菓子・・・御洲濱司 植村義次さんの押物です。

・見て美味しい、口に運んで美味しい・・・なんと贅沢なお菓子なんでしょう。落雁に季節の花を散りばめた京都は植村義次さんの押物(おしもの)です。1年12か月花柄が変わります。5月は、いずれが菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)の杜若です。早速一口頂戴いたしました・・・感謝。

・「杜若 似たりや似たり 水の影」 松尾芭蕉

・これから1年間、植村さんの押物を毎月ご紹介してまいります。お楽しみに。

・御洲濱司 植村義次さんの連絡先は
 京都市中京区丸太町通烏丸西入ル常真横町193
 電話・075-231-5028 
a0279738_1816368.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-05-08 19:45 | 町と暮らしと自然の風景

薫風五月。山口誓子の句「鯉幟・・・」です。

・俳人・山口誓子(1901~1994)の句をご紹介。「鯉幟 風に折れ又 風に伸ぶ」・・・鯉幟を人生に例えておられるのでしょうか。
・誓子さんは、京都市の出身で、数々の名句を残しておられます。現在、神戸大学に「山口誓子記念館」が設立されています。記念館は、毎週火・木曜日に公開されているようです。詳しくは、記念館へお問合せを・・・。(ホームページあり)
a0279738_1548269.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-05-01 15:12 | 古いもの、愉しきもの


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧