「幾一里のブログ」 京都から ・・・



カテゴリ:幾一里のごあんない( 9 )


「& premium」誌にご紹介頂きました。三条会商店街とともに。

・只今発売中の「&premium」誌1月号(マガジンハウス発行)に幾一里が紹介されました。有り難いことです。それも、すぐ近くの三条会商店街とご一緒です。三条会商店街は拙宅の生活になくてはならない存在。毎日お世話になっています。

・千本三条から堀川三条までアーケードで結ばれた京都でいちばん長い商店街。近年は、若い店主のお店も増えショッピングはもちろん観光の方で賑わっています。何十人も行列のできるお店もあり、長年親しんでいる小生としては驚くことしきりです。

▼「&premium」誌1月号。只今発売中です。
a0279738_17480856.jpg
▼連載記事「京都さんぽ部」に掲載されています。(158~161頁)
a0279738_17540159.jpg
▼三条会商店街の編集部のおすすめ店マップ。
a0279738_17484741.jpg
▼全長約800メートルのアーケード付商店街ですから、雨の心配なし。したがって「365日晴れの街」なんです。ぜひお出掛け下さい。そして幾一里へもどうぞ。
a0279738_17461767.jpg
▼あれっ、お客さんが少ない・・ブログ掲載のため顔の写らないお客様の少ない時に撮影しています。
a0279738_17470964.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2017-12-01 18:33 | 幾一里のごあんない

幾一里のごあんない・・・お知らせ、営業時間、企画展のご案内など。

京都壬生の町家ギャラリー
幾一里のブログへようこそ

▼恒例の顔見世興行(歌舞伎)は、南座改修中のため岡崎のロームシアター京都(旧京都会館)で開催中。まねき看板を見ると師走を感じます。
a0279738_21075806.jpg
★お知らせ★

「雑誌掲載のご案内」
幾一里が文芸春秋発行『CREA(クレア)誌』
11月号に紹介されました。
特集「やっぱり行きたいね、京都」の56頁です。

マガジンハウス発行『&premium誌』
1月号に幾一里が紹介されました。
連載記事・京都さんぽ部(158~161頁)です。

「Webで幾一里が紹介されています」
Web 京都クラフトマガジン/工芸ショップ数珠繋ぎVol.4
「幾一里・身近に置いておきたい古いもの」
アドレス/www.kougeimagazine.comよりどうぞ。

a0279738_21461778.jpg

        
a0279738_15553795.jpg
[幾一里の定休日] 毎週水・木曜日 (定休日以外に臨時休業させて頂く場合もござい
          ます。ご連絡頂けますと幸いです。)  
[営 業 時 間] 12:00~18:00

[JR京都駅からの交通] 市バスA3乗り場から206号系統(大徳寺、北大路バスターミナル方面行)に乗車(約20分間)、「みぶ操車場前」で下車、徒歩数分。または、京都駅構内でJR嵯峨野線(亀岡、園部方面行)に乗り換え、各停二駅目の「二条駅」下車、徒歩7分です。
a0279738_16162957.jpg
※なお幾一里には、専用駐車場はございません。自家用車等でお越しの際は、ご留意くださいますようお願い申し上げます。ご不便をおかけいたします。

▼ようこそ、ようこそ・・・。玄関の暖簾は、型染作家・関 美穂子さん作。店名の「幾一里」は、俳人河東碧梧桐の書から頂戴しています。意味は千里万里の道も一歩からと解釈しています。
a0279738_8374811.jpg
▼11月27日の京都・鴨川風景。
a0279738_20192534.jpg
a0279738_20195972.jpg
a0279738_20222435.jpg






 

[PR]
by ikuitiri | 2017-11-16 09:00 | 幾一里のごあんない

幾一里のブログ年賀状2017(平成29年)


新年おめでとうございます

幾一里は 今秋二十歳を迎えます
お蔭様です あっという間でした
酉の如く 明るく元気に
愉しい一年となりますように
皆々様の無事を祈念申し上げます  2017年(平成29年) 元 旦

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます/京都壬生の町家ギャラリー 幾一里

▼酉の菓子型(木製・近代)
a0279738_21595332.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2017-01-01 00:01 | 幾一里のごあんない

幾一里のブログ年賀状2016


新年おめでとうございます

「烏帽子着て 弊ふる猿や 花の春」
正岡子規の初春の句です
のどかで明るい昔日の光景が目に浮かびます
無事で健やかな申年でありますように
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

          2016年(平成28年) 元 旦

京都壬生の町家ギャラリー  幾一里

☆誠に勝手ではございますが、新年は9日(土)より営業させて頂きます。

                             ▼猿の張子面(京都嵯峨面、初代・藤原孚石作)
a0279738_21433595.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2016-01-01 00:03 | 幾一里のごあんない

店先の暖簾(のれん)を新調しました。いかがでしょうか・・・。

・今回も型染作家の関美穂子さんにお世話になりました。四代目です。一番明るい感じの暖簾となりました。皆様の印象は如何でしょうか。ぜひご来店のうえご高覧のほどを・・・。お待ち申し上げています。
a0279738_21375633.jpg

a0279738_21381473.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2014-06-27 21:47 | 幾一里のごあんない

本日より開店!2014年幾一里のはじまりです。(1月11日)

・長いお正月休みを頂きました。本日より幾一里は平常通り営業。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

⇓下の写真は、幾一里の玄関です。お正月の注連飾りと祇園祭の粽、茅の輪・・・仲良く並んで、家内安全をお祈り頂いています。
小生の子供の頃、注連飾りは1月15日(小正月)に家の前で「とんど焼き」と言って藁や書初めなどと一緒に焼いたものでした。
その火の中にお芋さんを入れて焼き芋を作ったりと、ご近所の方と共に楽しみました。そして、残った灰は火鉢に。暮らしの知恵、循環が上手くいっていたように思います。今では家の前で火など焚けません。どちらが良かったのでしょう・・・。
a0279738_2031666.jpg

⇓1月11日の店内です。
a0279738_20312396.jpg

⇓古瀬戸の瓶に千両を一輪。(千両の花言葉・・・可憐、恵まれた才能、富貴、裕福、利益)
a0279738_20313838.jpg

⇓根来の折敷に観音菩薩。
a0279738_20314664.jpg

⇓床の間のお飾りです。麻束、紅白の切餅、かすみ草、土師器の壺・・・。(かすみ草の花言葉・・・夢見心地、清らかな心、魅力、無邪気)
a0279738_2031561.jpg

「座辺の骨董・幾一里のMEMO」 
住所・京都市中京区坊城通後院通下ル壬生馬場町19-1            
電話・075-811-8454                   
定休日・毎水、木曜日(臨時休業もあります。ご連絡頂けますと幸いです。)
営業時間・12:00~18:00
[PR]
by ikuitiri | 2014-01-11 20:45 | 幾一里のごあんない

あけまして おめでとうございます

小さくてもいい
「瓢箪から駒」のごとく
幸運がおとずれますように
ご一家の平安をお祈りいたします
本年もどうぞよろしく

平成26年(2014年) 元旦
京都壬生の町家ギャラリー/座辺の骨董 幾一里
a0279738_21544614.jpg

幾一里は、新年1月11日(土)より平常通り営業いたします。本年も倍旧のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。
(上の写真は、吹墨絵瀬戸皿・瓢箪から駒絵/撮影協力・小さな蕾誌)

「幾一里の営業時間」 12:00~18:00
「定休日は」 毎週水・木曜日(申し訳ございませんが臨時休業もございますので、ご連絡頂けますと幸いです。電話/075-811-8454)
〒604-8805 京都市中京区坊城通後院通下ル壬生馬場町19-1
[PR]
by ikuitiri | 2014-01-01 00:00 | 幾一里のごあんない

幾一里「のれん」三代記。型染作家・関 美穂子さん作。

・幾一里の店頭を飾っている関 美穂子さん作の「のれん」は、現在三代目です。
・作者の関 美穂子さんは、横浜生まれ、京都在住の型染作家さんです。2006~7年の国画会主宰「国展」工芸部にも入選されている若手の実力派。機会を見つけて関さんの作品の数々をぜひご覧ください。個展の情報等は関さんのブログでどうぞ。
・関さんのブログアドレスは、http://sekimihoko.exblog.jpです。 

⇓一代目の「のれん」です。
a0279738_20472319.jpg

⇓二代目です。
a0279738_20473385.jpg

⇓三代目です。
a0279738_20474582.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-09-28 20:52 | 幾一里のごあんない

今日の幾一里の店内です。(6月14日)

⇓今日は蒸し暑い一日でした。京都は37度近くあったようです。朝夕、表に水をまきますが、すぐに蒸発してしまいます。でも水に濡れたところを見ていますと、一瞬ですがほっとします。心安らぎます。お花も活けました。旬の紫陽花(あじさい)を一輪。明日は雨の気配、久し振りに梅雨らしくなる予報です。
a0279738_2120213.jpg

⇓幾一里の店内です。弊店の店名「いくいちり」は、写真の上部にあります毛筆の横額から頂戴しています。この書は、俳人・河東碧梧桐のものです。まだ小生がサラリーマンの頃、気に入って求めたものです。よくお客様から意味を尋ねられますが、「千里、万里の道も、まず一歩から」とお答えしています。当たらずとも遠からずでは・・と思うのですが。
a0279738_20362814.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-06-14 20:59 | 幾一里のごあんない


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧