「幾一里のブログ」 京都から ・・・



続・縄文土器展のご紹介、長野県立歴史館「進化する縄文土器展」開催中。

・京大博物館の縄文土器展に続いて、長野県立歴史館にて開催中の「進化する縄文土器展」をご紹介いたします。長野県立歴史館へ訪問できましたのもギャラリー夏至さんでの幾一里展開催のお蔭です。会期は11月26日まで。

・今展では約5,300年~5,100年前の縄文にスポットがあてられました。サブタイトルは「流れるもようと区画もよう」。長野県を中心に山梨県や富山県発掘の土器も交え、縄文装飾の美が探究できます。中に6遺跡、19点の重要文化財も展示されています。(9月26日撮影)
▼歴史観の入口
a0279738_20090566.jpg
▼モダンな歴史観の建物、自然に溶け込んでいます。
a0279738_20082570.jpg
「長野県立歴史館MEMO」・所在地 長野県千曲市屋代260-6 
・電話 026-274-2000 ・開館時間 9:00~17:00
・休館日 月曜日(祝日の際は翌日)及び11月24日 ・有料 ・HPあり

▼展示風景点描(撮影は可能でした。)
a0279738_20030364.jpg
a0279738_20060010.jpg
a0279738_20075301.jpg
a0279738_20063451.jpg
a0279738_20483415.jpg


[PR]
# by ikuitiri | 2017-10-12 20:50 | 古いもの、愉しきもの

「火焔型土器と西の縄文展」開催中、京都大学総合博物館にて(10月22日まで)

・いま京都大学の総合博物館では、「火焔型土器と西の縄文展」が開催されています。会期は10月22日まで

・火焔型土器は、現在の新潟県エリアで出土する約5千年前の縄文土器です。いかにも燃え盛る炎のような形をした斬新なもので、考古学の分野だけでなく、美術やアートの分野からも注目されています。火焔型にかぎらず、縄文、弥生などの土器は日本各地から出土したこともあり、数寄者の眼をも愉しませています。

・今展は日本遺産に認定された火焔型土器発祥の地・新潟県6市町(新潟市、三条市、長岡市、十日町市、魚沼市、津南町)で組織する信濃川火炎街道連携協議会と新潟県立歴史博物館ならびに京都大学総合博物館の共催です。京大の資料も含め、西の縄文文化にもスポットが当てられ、大規模な展覧会となっています。ぜひご高覧ください。
a0279738_17260999.jpg
「京都大学総合博物館メモ」●所在地 京都市左京区吉田本町(市バス百万遍下車・徒歩約2分)●休館日 月と火曜日 ●開館時間9:30~16:30 ●有料 ●HPあり

▼国宝の火焔型土器・十日町市 笹山遺跡出土
a0279738_17202476.jpg
▼展覧会 会場風景(撮影可能)
a0279738_17213022.jpg
▼長岡市 馬髙遺跡出土 火焔型土器群(重文)・図録より
a0279738_17195924.jpg
▼長岡市 馬髙遺跡出土の土偶(重文)
a0279738_17215038.jpg
▼1934年の京都大学による北白川上終町遺跡調査風景・会場パネルより
a0279738_17221023.jpg
a0279738_17234473.jpg
a0279738_17241396.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-10-07 18:27 | 古いもの、愉しきもの

正受庵を訪ねて、白隠禅師修行の場。(長野県飯山市)

・長野市のギャラリー夏至さんでの展示会開催というご縁もあって、長野市近くの飯山市へ。お目当ては正受庵の拝観でした。正受庵(しょうじゅあん)は臨済宗の禅を修業する道場として330年前に開かれました。開祖は「道鏡恵端(どうきょうえたん、1642~1721)」、世間では和尚を親しみをこめて正受老人と呼んでいました。

・正受老人は長野・松代藩城主の真田信之の子息。江戸で修行し、35歳から故郷の飯山へ。生涯を禅の修行に捧げます。臨済宗中興の祖と言われる「白隠禅師」の師としても有名。80歳の時、座禅を組んだ姿のまま亡くなられたそうです。

▼茅葺の質素な正受庵本堂。身も心も洗われます。
a0279738_15472048.jpg
◆正受庵の所在地・長野県飯山市飯山1871、電話0269-62-3495
a0279738_15413739.jpg
▼写真中央下部にオブジェのように見えるのは、剣ずり石と呼ばれる天然石の水石。
a0279738_15422156.jpg
a0279738_15433121.jpg
▼正受庵は小高い丘に建てられています。参道を一歩一歩、これも修行のひとつ。
a0279738_15435347.jpg
▼こんにちは。可愛い雨蛙さんとも出会いました。
a0279738_15443760.jpg
▼正受老人の言葉が別棟の床の間に掛けられていました。
a0279738_15445459.jpg
a0279738_15450646.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-09-29 16:40 | 町と暮らしと自然の風景

続・暑さ寒さも彼岸まで。

・9月26日で秋のお彼岸も終わります。いよいよ本格的な秋到来です。文化・芸術の秋、古典の秋、スポーツの秋、実りの秋、食欲の秋・・・愉しいことが一杯の秋でありますように。仕事も、遊びも頑張ってまいりましょう。(写真は京都府南丹市美山他にて。)
▼色とりどりの美しいコスモスの花。
a0279738_15520376.jpg
「コスモスや 一輪挿に 稲の窓」原 石鼎
a0279738_15521844.jpg
「蕎麦はまだ 花でもてなす 山路かな」松尾芭蕉

▼白い蕎麦の花、実はいずれ美味しいお蕎麦に。
a0279738_15523552.jpg
「この道や 行くひとなしに 秋の暮れ」松尾芭蕉

▼のどかな秋日和の山村風景でした。
a0279738_15533779.jpg
▼キュウリの花。花が咲き、実がなり、収穫です。(写真2点)
a0279738_15540343.jpg
a0279738_15541611.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-09-25 16:24 | 町と暮らしと自然の風景

暑さ寒さも彼岸まで。

・「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものですね。あれだけ蒸し暑かった今年の夏もいまや爽やかに。嬉しいことです。 

・今日は彼岸の中日、ご先祖さんに会いに行かれた方も多かったのではないでしょうか。小生も今朝、役目を果たしてまいりました。彼岸花が何とも美しく見えました。今朝のワンショットご覧ください。
a0279738_17550305.jpg
「曼珠沙華 野暮な親父の 墓の前」 正岡子規

「曼珠沙華 あつけらかんと 道の端」 夏目漱石

「歩きつづける 彼岸花 咲きつづける」 種田山頭火
a0279738_17551895.jpg
▼ゴージャスでお洒落な芙蓉の花とも出会いました。
a0279738_17554134.jpg
a0279738_17555870.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-09-23 18:19 | 町と暮らしと自然の風景

長野へ行ってまいりました。幾一里・夏至展へ。(会期終了)

・幾一里展を開催頂いています長野市のギャラリー夏至さんへ行ってまいりました。前日の搬入日と初日の14日、二日間愉しく過ごさせて頂きました。初日も大勢のお客様にお出で頂き、たいへん嬉しく存じました。三年ぶりにお会いできたお客様もおられ、懐かしいやら、嬉しいやら。夏至さん有り難うございました。

・夏至さんでの幾一里展は、9月25日まで。近在の皆様、ぜひお出掛け下さい。よろしくお願い申し上げます。

▼夏至さんの入口に掲示されているPRポスター。
a0279738_20022814.jpg
▼夏至さん、2階(会場)への階段。期待感が膨らみます。
a0279738_20030384.jpg
▼美しい白い部屋・・・会場の一コマです。
a0279738_20034962.jpg
a0279738_20041173.jpg
▼夏至さん近くの善光寺さんへの参道。
a0279738_20043763.jpg
▼長野独特の蔵造りの建物、堂々としています。
a0279738_20053466.jpg
▼段々畑。実りの秋たけなわです。
a0279738_20133357.jpg
▼ブドウ園風景。収穫の時期です。美味しい風景です。
a0279738_20071731.jpg
▼お宿で頂戴しました郷土料理。口福でした。
a0279738_20074009.jpg
▼旬の花・萩満開です。
a0279738_20090589.jpg
▼しとやかに咲く水引草。
a0279738_20092105.jpg
▼野澤温泉/天然記念物・麻釜。地元の方はここで野菜や卵など茹でておられます。
a0279738_20093553.jpg
▼黒姫山、妙高山・・を望む。
a0279738_20094904.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-09-17 20:50 | 町と暮らしと自然の風景

「500人のコップ展」東京松屋銀座で開催。幾一里も出品!(会期終了)

・東京松屋銀座7Fのデザインギャラリー1953では、デザインの日常Vol.1「500人のコップ展」を9月13日~10月9日まで開催。(入場無料)

・本展の主催は日本デザインコミッティ―で、アートデイレクターの永井一史氏とプロダクトデザイナーの柴田文江氏が企画・監修。
幾一里もご縁があって、その500分の1を出品させて頂いています。

・暮らしとデザイン、道具とデザインにスポットを当てた第1回目の企画展にガラスコップが登場。東京美術系大学デザイン学科の学生さん、ベテランデザイナー、クリエーターの方々が毎日お使いのコップが一堂に会します。

・早く拝見したいものと思っています。取り急ぎ皆様にお知らせまで。
a0279738_15415093.jpg
▲▼「500人のコップ展」DMより(詳しくは松屋銀座のHPで。)
a0279738_15420088.jpg

[PR]
# by ikuitiri | 2017-09-12 16:06 | 古いもの、愉しきもの


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧