「幾一里のブログ」 京都から ・・・



2018年 01月 01日 ( 2 )


幾一里の初詣・・。願照寺さんの掲示板も。

・京都の元日は運良く晴天、でも冷え冷えする一日でした。例年のように初詣へ。先ずは町内のお地蔵さんに参拝。次に近くの壬生寺さんへ。ご本尊は平安時代の木彫地蔵菩薩立像(重文)。心をこめて一年の無事を祈りました。

・さて次は、壬生寺さんのお隣の元祇園椥神社へ。そして、河原町荒神口の清荒神さんへ。こちらは火の守護神、火の用心のお札を頂戴し、帰宅後台所に貼りました。帰宅途中、富小路二条下ルの願照寺さんへ。本ブログでお馴染みの「心に留まる言葉」の掲示板を写させて頂きました。

・さて、ご利益はいかに。祈りは人々の願いと感謝の心、自らを律することが全ての始まり。今年も元気に過ごしてまいりましょう。

▼壬生寺・・変わらない光景ですが、清々しくも凛とした空気を感じました。
a0279738_16053989.jpg
a0279738_16055241.jpg
▼新撰組旧蹟・旧前川家門前の門松、仏手柑も活けられていました。
a0279738_16060367.jpg
▼地元の氏神・元祇園椥神社。世相とは言うものの背の高いビルに囲まれ鎮守の森どころかビル街と言えそうです。
a0279738_16061697.jpg
▼清荒神の北門に掲げられた大提灯。心も大きくふくらみます。
a0279738_16064826.jpg
a0279738_16065993.jpg
▼いつも薪を焚いておられます。心も温かくなります。
a0279738_16071443.jpg
▼願照寺さんの掲示板です。継続は力なりでしょうか??。
a0279738_16072440.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2018-01-01 17:40 | 町と暮らしと自然の風景

幾一里のブログ年賀状2018(平成30年)

新年おめでとうございます

「犬の子や かくれんぼする 門の松」
「江戸衆や 庵の犬にも 御年玉」
暮らしに根差した軽妙洒脱な一茶の俳句
世の流れにただ流されず
足が地に着く健康な一年でありますように

2018年(平成30年)戌年 元旦

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

京都壬生の町家ギャラリー 幾一里 いくいちり

▼愛らしい犬の大阪練人形「明治後期作」
(写真・KOTO DESIGN、幾一里オリジナルカレンダー2018年1月より)
a0279738_19094326.jpg


[PR]
by ikuitiri | 2018-01-01 00:00 | 幾一里のごあんない


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧