「幾一里のブログ」 京都から ・・・



2017年 10月 07日 ( 1 )


「火焔型土器と西の縄文展」開催中、京都大学総合博物館にて。(会期終了)

・いま京都大学の総合博物館では、「火焔型土器と西の縄文展」が開催されています。会期は10月22日まで

・火焔型土器は、現在の新潟県エリアで出土する約5千年前の縄文土器です。いかにも燃え盛る炎のような形をした斬新なもので、考古学の分野だけでなく、美術やアートの分野からも注目されています。火焔型にかぎらず、縄文、弥生などの土器は日本各地から出土したこともあり、数寄者の眼をも愉しませています。

・今展は日本遺産に認定された火焔型土器発祥の地・新潟県6市町(新潟市、三条市、長岡市、十日町市、魚沼市、津南町)で組織する信濃川火炎街道連携協議会と新潟県立歴史博物館ならびに京都大学総合博物館の共催です。京大の資料も含め、西の縄文文化にもスポットが当てられ、大規模な展覧会となっています。ぜひご高覧ください。
a0279738_17260999.jpg
「京都大学総合博物館メモ」●所在地 京都市左京区吉田本町(市バス百万遍下車・徒歩約2分)●休館日 月と火曜日 ●開館時間9:30~16:30 ●有料 ●HPあり

▼国宝の火焔型土器・十日町市 笹山遺跡出土
a0279738_17202476.jpg
▼展覧会 会場風景(撮影可能)
a0279738_17213022.jpg
▼長岡市 馬髙遺跡出土 火焔型土器群(重文)・図録より
a0279738_17195924.jpg
▼長岡市 馬髙遺跡出土の土偶(重文)
a0279738_17215038.jpg
▼1934年の京都大学による北白川上終町遺跡調査風景・会場パネルより
a0279738_17221023.jpg
a0279738_17234473.jpg
a0279738_17241396.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2017-10-07 18:27 | 古いもの、愉しきもの


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧