「幾一里のブログ」 京都から ・・・



大阪練人形の犬・座辺の骨董展(1)

・幾一里の企画展「座辺の骨董展」は、11月18日からスタート。(会期終了)出品させて頂くものを少しばかりですがピックアップして順次ご紹介いたします。第一回目は「犬の大阪練人形」。

・来年の干支は戌(犬)。縁起物です。鯛と瓢箪を抱いた大阪出身の可愛い犬をご紹介。明治中期頃の作でしょうか。練人形は、桐材の大鋸屑(おがくず)に生麩糊を加えたものを材料として作られた人形です。江戸から大正時代の頃に大阪でも練人形が作られていました。案外知られていません。郷土玩具の一つとして珍重されています。(人形の高さ6~7㎝)
a0279738_21301555.jpg
※写真は骨董情報誌「小さな蕾」のご協力を得ました。

[PR]
by ikuitiri | 2017-11-11 22:02 | 幾一里の骨董展ご紹介
<< 午玉宝印(護符)・座辺の骨董展(2) 秋恒例「座辺の骨董展」を開催。... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧