「幾一里のブログ」 京都から ・・・



京・南山城へ、平安仏を訪ねて。「浄瑠璃寺から神童寺さんへ」

・今年も新年早々南山城、木津川市へ。先ずはいつもの「浄瑠璃寺」さんへ。昨年とはちがい、国宝の阿弥陀堂の前に広がる「浄土の池」の発掘調査も終わり、浄土式庭園の整備が完了。平安時代の美しい姿がよみがえっていました。そして、九体の阿弥陀仏は今年から毎年1~2体ずつ修理・修復されるとのこと。九体の勢揃いは5年間望めなくなります。私共には良い機会となりました。

▼美しい浄土の池、九体阿弥陀堂(国宝、平安)を望む。
a0279738_1620665.jpg
a0279738_16203861.jpg

▼三重塔(国宝、平安)
a0279738_16214328.jpg

▼浄瑠璃寺紹介パンフレット、右上は九体阿弥陀如来像(国宝、平安)
a0279738_20205841.jpg

▼浄瑠璃寺門前のお蕎麦のお店(吉祥庵)
a0279738_16224759.jpg

▼吉祥庵さんで頂戴した小エビの唐揚げ・・・口福でした。
a0279738_162328.jpg

▼住職さんの書・・・自浄其意(じじょうごい、何事を行うにしてもまず自己の心を整えることが大切という教え。)
a0279738_1626791.jpg

・次に「神童子(じんどうじ)」さんへ。こちらの創建は、なんと聖徳太子とのこと。そして役行者(えんのぎょうじゃ)ゆかりの寺院で、大和の吉野山に対して北吉野山と号し、一時は付近一帯に二十六坊のお堂が存在したそうです。したがいまして重要文化財の寺宝も数多く、宝物館でゆっくり拝観できます。宝物館の拝観は事前予約される方が確実です。

▼神童子さんへの参道・・・茶畑などのある山間を通ります。
a0279738_1627914.jpg

▼神童子さんの山門
a0279738_16323838.jpg

▼堂々たる本堂、本尊は蔵王権現像
a0279738_16273360.jpg

▼重要文化財(平安時代)の左・月光菩薩立像、右・不動明王立像、小生は像前からしばし離れられず、釘づけになりました。(同寺発行絵葉書より)
a0279738_16281781.jpg

▼門前の掲示板、火の用心の子どもの絵が輝いて見えました。
a0279738_16284862.jpg

▼今日一日(1月3日)、平安仏と豊かな自然に囲まれた「GOOD DAY」でした。 
a0279738_1631567.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2017-01-09 18:10 | 町と暮らしと自然の風景
<< 今年初めて見た「富士山」の晴れ姿。 ロベール・クートラス展開催中。... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧