「幾一里のブログ」 京都から ・・・



口福になる京菓子「鎌餅」のご紹介。

・今回は京都・大黒屋鎌餅本舗さんの「鎌餅(かまもち)」のご紹介です。皆さんに振る舞えないのが残念ですが、ほんとうに美味しい和菓子です。こしあんをお餅の皮で包んだ長い形で、上品な甘さと舌触りが何とも言えません。

・形状はネーミングのように稲を刈る「鎌」の刃を想像させます。豊年万作を願うという思いが込められているようです。大黒屋さんは明治30年の創業、鎌餅一筋120年。頑張っておられます。京都にはこのような老舗がたくさんあります。頭が下がります。

[大黒屋さんの所在地/京都市上京区寺町通今出川上ル4丁目、電話・075-231-1495]

▼これが口福になる鎌餅です。
a0279738_1647204.jpg

▼昔ながらのお店の看板。
a0279738_16481385.jpg

▼大黒屋さんの外観。伝統の京町家です。
a0279738_16483067.jpg

▼いかにも京都らしい鎌餅の包装紙。
a0279738_1648527.jpg

▼大黒屋さんの近くには、織田信長公の墓所・蓮台山阿弥陀寺があります。
a0279738_16491522.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2016-10-24 17:42 | 町と暮らしと自然の風景
<< 真っ青な空、嵯峨野の秋。 二つの河井寛次郎展。大阪日本民... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧