「幾一里のブログ」 京都から ・・・



千両・万両・南天に椿、年の暮れが美しい!!

・冬至の日の今朝、拙宅の小庭を眺めますと、千両・万両や南天の木に美しい実が、そして、椿には一輪の花が可憐に咲いていました。毎年繰り返す自然の営みですが、いつも新鮮で、一年の締め括りの時が来た、と感じさせてくれます。嬉しいことです。

・千両・万両は名前の通り福を招き、南天は「難を転じて福となす」に通じていると言われ、いずれも縁起の良いものとしてお正月飾りなどに重宝されます。椿は「春に花咲く木」の意を表し、冬の茶花の女王とも呼ばれ、古来より親しまれています。

・巡る季節と自然の営みに感謝しつつ、年の暮れを大切に過ごしたいものです。(12月22日撮影)

▼千両です。拙宅のは黄色の実。葉の上方に実をつけます。
a0279738_1724460.jpg

▼万両です。千両と違って葉の下に実をつけます。
a0279738_17241691.jpg

          思ふこと 今年も暮れて しまひけり    正岡子規
          ふとしたる ことにあはてて 年の暮    高浜虚子

▼冬の茶花の女王「椿」。可愛く見えました。
a0279738_17244739.jpg

▼南天です。家の鬼門に植えると良いとされている福の木です。
a0279738_1725316.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-12-22 18:08 | 町と暮らしと自然の風景
<< 北陸は加賀市・山代温泉の風景。... 古都京都の縄文ライフ/身・食・... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧