「幾一里のブログ」 京都から ・・・



美味しい「銘酒・花の露」、福岡は、久留米のお酒。

・偶然博多駅にあった酒販店で購入した久留米のお酒「花の露」。食事処で頂いた美味しいお酒が、久留米産と聞き、これだけを頼りに探しました。ご覧の通り、ボトルのラベル・デザインが何とも斬新!。したがって自然と手が伸びたのかも。

・ラベルに[nonal]という文字が見えますが、メ-カーの説明では「のーなる」とは、博多弁で「なくなる」という意味。美味しくてすぐに飲んでなくなることを期待されての命名のようです。味は、チョッピリ甘く、清らかで、優しい・・・とは言っても飲んでみないとわかりませんね。(※この特別純米酒、花の露nonalは博多の住吉酒販さん専売のようです。)
a0279738_20491251.jpg

  白玉の 歯にしみとほる 秋の夜の 酒は静かに 飲むべかりけり (若山牧水)
a0279738_20493968.jpg

        川風や よい茶よい酒 よい月夜 (松尾芭蕉)
        月が酒が からだいっぱいのよろこび (種田山頭火)
a0279738_20495820.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-10-23 21:37 | 町と暮らしと自然の風景
<< 古今の琳派芸術が一堂に。京都国... 「吉田善彦とうつくしいものたち... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧