「幾一里のブログ」 京都から ・・・



彦根の「よろず淡日」さんへ。昔ながらのよろず屋さんのよう・・・。

・よろず屋を漢字で書くと「万屋」です。つまり生活必需品をたくさん取り扱っているお店ということ。今風に言うとコンビニやミニスーパーということになるのでしょうか。

・「よろず淡日(あわひ)」さんは、大正時代から町の万屋(よろずや)として営まれていた建物をそのまま利用。店主さん好みのうつわや木工品、古道具、駄菓子やおもちゃ、おやつに近江茶、ギャラリー展示などなど。万屋的発想で愉しい人々といろいろなものとの出会いを求めて8月22日に新開店されました。歴史ある建物を守り、自らの夢を育んで行かれる店主さんに拍手。

・店主の疋田さんは無類の骨董・古道具好き。そんな目利きの眼で愉しき万のものを選び、私達に披露して頂けるものと大いに期待しています。

▼心和む店名です。看板は疋田さんの手書き。(淡日のロゴデザインは造形スペース「アトリエひこ」さんにお願いされたそうです。)
a0279738_21264826.jpg

▼大正時代に戻ったような佇まい。いずれ映画に登場???。
a0279738_21271092.jpg

[よろず・淡日さんメモ]
・所在地 滋賀県彦根市日夏町1979番地 (電話0749-49-3890)
・開店日 毎週金・土・日・月と祝日の11時~18時 
・HPあり 「よろず淡日」で検索
・アクセス JR東海道線河瀬駅から北へ約2キロ、河瀬駅西口から湖国バス・日夏中央又は日夏ニュータウン中央下車、徒歩3~8分(バス便は1~2時間に1本)
a0279738_21273828.jpg

▼駄菓子とおもちゃのコーナーの一部、愉しさいっぱい。
a0279738_2128099.jpg

▼現役の古時計とブリキの菓子缶。
a0279738_21282324.jpg

▼こじんまりとしたギャラリー展示スペース。土壁と土間がなんとも素敵です。
a0279738_21284189.jpg

▼現在開催中(9月23日まで)の「お盆と器展」のDM。木工・小椋昭二さん、陶芸・田中茂雄さんの二人展。(会期終了)
a0279738_2128595.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-08-30 22:11 | 町と暮らしと自然の風景
<< 内田鋼一作品展を開催/9/5~... おもちゃ映画ミュージアムへ。幾... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧