「幾一里のブログ」 京都から ・・・



今が旬!鹿ケ谷南瓜。伝統の京野菜です。

・これは何?。「鹿ケ谷南瓜(ししがたにかぼちゃ)」と申します。京都の伝統野菜の一つ。写真の鹿ケ谷南瓜の大きさは、高さ約20㎝、ひょうたん型の独特の形状をしています。色も良いです。夏の元気の素です。

・ところで今日(8月2日)の京都は、最高気温39.1度だったそうです。ほんとうに暑くてたまりませんでした。岐阜県の多治見に次いで高温でした。毎日悲鳴を上げています。皆様もご自愛のほどを。
a0279738_14422397.jpg

・鹿ケ谷南瓜のことです。言い伝えでは、江戸時代(文化年間)に京都・粟田村(現・東山区粟田口)の農家が東北の津軽から南瓜の種を持ち帰り、鹿ケ谷村(現・左京区鹿ケ谷)の農家へ。はじめは、一般的な菊型の南瓜だったものが、数年栽培を繰り返すうちに独特の「ひょうたん型」になったそうです。以来、京都では鹿ケ谷南瓜の名で親しまれ、現在では、京都の伝統野菜として、継承・保存に力が注がれています。

▼写真は幾一里の店内・・・(8月1日撮影)
a0279738_14425174.jpg

・古来より食用はもちろん、写真のように飾りとしても用いられ、茶席などでも重宝されています。収穫期は7月中頃から8月中頃、食べ頃は8月中頃から9月中頃と言われています。まさしく今が旬・・・。

        「丸裸 南瓜かかえて 戻りけり」  正岡子規
        「三つもいで 一つ隣へ 南瓜かな」  高浜虚子
        「南瓜煮て くらし至って 平凡に」  島田紅帆
a0279738_1443612.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-08-02 15:03 | 町と暮らしと自然の風景
<< 壬生寺/盂蘭盆・万燈供養会・・... 円空・木喰展/微笑に込められた... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧