「幾一里のブログ」 京都から ・・・



祇園祭②/鉾建て始まる。藁縄がいのち。

・京都の山鉾町では、鉾建てが始まりました。午前中、通りすがりに菊水鉾と函谷鉾(かんこほこ)の様子をちょっと拝見。前祭の宵山が始まる14日にはすべての山鉾が出そろいます。楽しみです。

・菊水鉾では、天高くそびえる鉾の心棒とも言える真木(しんぎ)に藁縄(わらなわ)がまかれていました。近くには大量の藁縄が置かれていました。鉾一基にどれだけの藁縄が使用されるのか、一度たずねてみたいと思っています。

・藁縄は日本では、縄文土器に縄の文様があるごとく、古来より道具として使われてきています。日本人の食の原点「稲」からつくる神聖な道具として神事(注連縄など)に利用されていることはご存知の通りです。そして、鉾の組み立てに釘は一切使われません。この神聖な藁縄が「いのち」なのです。(7月10日撮影)

▼菊水鉾に使われる大量の藁縄。美しいですね。
a0279738_1445151.jpg

▼鉾の長い真木に藁縄が丁寧にまかれていきます。(菊水鉾)
a0279738_1445268.jpg

▼函谷鉾では組み立てられた木枠を藁縄でしっかりくくり付け、鉾の基礎がつくられていました。
a0279738_14454248.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-07-10 15:46 | 町と暮らしと自然の風景
<< 祇園祭③/孟宗山で山一番の粽を... 祇園祭①/山鉾巡行順決まる!(... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧