「幾一里のブログ」 京都から ・・・



写真集「京都 日常花」をご紹介。(京都・青幻舎刊)

・京都町なかの店舗や住居に活けられているお花を、春夏秋冬追いかけた美しい写真集です。サブタイトルは市井(しせい)のいけばな十二カ月。「偉大なる素人の花」と題して、花人の川瀬敏郎氏も序文を寄せておられます。

・お花にご興味のある方はもちろん、骨董や工芸、室礼にご興味のある方におすすめです。編集者曰く、前評判上々とのこと。本屋さんの店頭に五月中には並ぶようです。乞うご期待。

・お恥ずかしいのですが、幾一里の花も2ページを割いてご紹介頂いています。ぜひご高覧ください。

▼A5版、中味160頁。定価2,500円(税抜)、青幻舎発行(電話075-252-6766)。写真・野口さとこ氏、編集・渡辺 航氏。
a0279738_20485371.jpg

▼幾一里の頁です。右頁・鉄鉢にはどくだみと橡(とち)、左頁・土師器盌には牡丹を。
a0279738_20443174.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2015-05-25 21:34 | 町と暮らしと自然の風景
<< 心に留まった言葉№13・・・妙... 新緑のミホミュージアムへ。日本... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧