「幾一里のブログ」 京都から ・・・



北大路魯山人と山代温泉と・・・。

・北大路魯山人(1883年~1959年)は京都生まれで、篆刻家、画家、陶芸家、書家、漆芸家、料理人、美食家等々様々な顔を持つ文化人でした。機会あって魯山人ゆかりの北陸は石川県加賀市山代温泉にある「魯山人寓居跡・いろは草庵」を訪ねました。(12月26日撮影)

・魯山人は、1915年篆刻家として刻字看板制作のため、金沢の漢学者で茶人の細野燕台に伴われ山代温泉へ。吉野家旅館に迎えられ、別荘(現いろは草庵)を提供され、刻字看板の制作をスタート。吉野家はもちろんのこと、九谷焼窯元・須田菁華窯をはじめ数々の作品を残しました。そして菁華窯では陶芸に魅せられることに。

▼いろは草庵の案内パンフレット(有料、毎水曜休館、電話0761-77-7111)
a0279738_2126368.jpg

▼いろは草庵の佇まい
a0279738_21265938.jpg

▼炉辺では数々の文化の華が咲いたことでしょう。
a0279738_21272035.jpg

▼当時の電話機がそのままに・・・。
a0279738_21273545.jpg

▼草庵内の庭園。
a0279738_2134288.jpg

▼風格ある九谷焼窯元・須田菁華窯の建物(店舗)。
a0279738_21351651.jpg

▼魯山人作の菁華窯の看板。堂々としています。
a0279738_21354193.jpg

▼菁華窯の洒落た店先の瓢箪デザイン。瓢箪裏の店内側には燭台が置かれていました。多分夕刻には燭台がともされ、行燈のように瓢箪が明るく輝いたのでしょう。
a0279738_21355139.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2014-12-28 22:30 | 町と暮らしと自然の風景
<< ブログ年賀状2015・・・ 仁丹町名表示板の全てがわる研究... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧