「幾一里のブログ」 京都から ・・・



祇園祭、山一番のちまきを頂戴してまいりました。

・京都は今、祇園祭たけなわです。山鉾を見ていますと何かしら元気が出てまいります。お祭りの効用とでも言いましょうか・・・。

・17日は前祭、24日は後祭。今年は49年ぶりに、24日の後祭に山鉾巡行が復活します。神事を大切に考えた祇園祭の本来の姿に戻ろうとしています。「不易流行」・・・松尾芭蕉の唱えた言葉の大切さを思い出さずにはいられません。

・1145年前の貞観11年(869年)、聖池・神泉苑に66本(当時の国の数)の鉾を立て、荒ぶる神の鎮魂を願い、疫病退散の祈りを捧げたのが祇園会の始まりと言われています。コンコンチキチン、コンチキチンのお囃子が枕元にまで聞こえてきそうです。

▼前祭の山巡行順の一番籤を引き当てた「占出山」の厄除けちまき。毎年、縁起を担いで山一番のちまきを頂戴してまいります。
a0279738_16371241.jpg

▼占出山の由緒。
a0279738_16382421.jpg

a0279738_1640159.jpg

▼占出山に飾られる三十六歌仙と日本三景を描いた懸装品(刺繍)の一部。山鉾が動く美術館と言われる所以です。
a0279738_16392915.jpg

▼変わり易いお天気対策のため、お飾りがブルーシート等で覆われ、占出山の全体が見て頂けません。残念。
a0279738_16412377.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2014-07-15 17:33 | 町と暮らしと自然の風景
<< 老舗の京人形店で見た祇園祭・・・。 芸術的ズッキーニと出会いました... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧