「幾一里のブログ」 京都から ・・・



彼岸花と案山子・・・秋分の日の嵯峨野にて

・先ずは、お彼岸の中日に出会った「彼岸花」をご覧いただきます。京都は嵯峨野・常寂光寺と広沢池付近で撮りました。彼岸花は別名「曼珠沙華」とも言われています。(法華経などの仏典から由来)
a0279738_12124473.jpg

「歩きつづける 彼岸花 咲きつづける」   種田山頭火
「つきぬけて 天上の紺 曼珠沙華」   山口誓子
a0279738_1213160.jpg

・久し振りに案山子(かかし)にも出会いました。案山子の胸札を見ますと「酒米を鳥から守るため、このかかしを作りました。」と記されていました。どなたがお作りになられたのでしょうね。まもなく刈り取られるであろう稲穂、美味しいお酒になってください・・・。

⇓写真左上奥の一番高くとがっている山が、標高924mの愛宕山(あたごやま)です。
a0279738_12431279.jpg

「某(それがし)は 案山子にて候 雀どの」   夏目漱石
「ものいはぬ 案山子に 鳥の近寄らず」   夏目漱石
a0279738_1213494.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-09-23 12:54 | 町と暮らしと自然の風景
<< 「瀬戸の絵皿を愉しむ展」瀬戸蔵... 「百人一首かるたの世界展」大津... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧