「幾一里のブログ」 京都から ・・・



浦嶋神社・・・丹後半島・伊根町を行く(3)

・丹後半島・伊根町を行く、その3は、浦島太郎伝説の舞台となった「浦嶋神社」です。(宇良神社とも言われる。)
・日本最古の「丹後国風土記」に描かれている浦島太郎(浦嶋子)物語の舞台となった神社です。平安時代の825年(天長2年)、丹後の豪族・浦嶋一族をたたえて建立されたと伝えられています。静かな境内にいますと、子供の頃、親しんだ絵本の一ページが思い出されてきました。
(丹後国風土記は和銅6年・713年に編纂が命じられています。)
a0279738_16314582.jpg
a0279738_1632069.jpg

・藁で編んだ亀を模した蓑が奉納されていました。篤い信仰心がうかがわれます。
a0279738_16321590.jpg

・茅葺の本殿の屋根がふき替え中でした。
a0279738_16323388.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-08-23 18:30 | 町と暮らしと自然の風景
<< 新井の棚田・・・丹後半島・伊根... 今日は「お地蔵盆」です。子供の... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧