「幾一里のブログ」 京都から ・・・



下鴨神社古本まつりと河合神社の美人水、方丈庵!(古本まつりは終了)

・京都の世界文化遺産の一つ、賀茂御祖(かもみおや)神社=下鴨神社で、8月11日から16日まで、毎年恒例の「納涼古本まつり」が行われています。
・神社境内「糺の森(ただすのもり)」の緑陰のなかでの古書即売会です。関西の古書店40数軒が参加。大勢の古書ファンがつめかけます。小生もちょっと覗いてまいりました。汗だくだくですが、何か愉しいものはと探していますと暑さも忘れます。
・京都の本日の最高気温は39度。観測史上5位だそうです。ちなみに高知・四万十市では41度、国内観測史上最高記録となりました。自然は厳しいですね。
a0279738_14514179.jpg

a0279738_14522252.jpg

a0279738_14524263.jpg

・会場を一巡、さすがにのどが渇いてきました。境内にある河合神社の茶店へ・・・。この河合神社は、「方丈記」の著者・鴨長明ゆかりの神社です。鴨長明は1155年(平安時代)に河合神社の神官の次男に生まれたそうです。晩年を過ごした3㍍四方の質素な方丈庵が復元(原寸大)、公開されています。方丈庵は実際には京都・日野に建立されました。(1208年、鎌倉時代)
(⇓河合神社)
a0279738_16225816.jpg

(⇓復元された鴨長明の方丈庵)
a0279738_1623141.jpg

・茶店では「かりん美人水」なるものを頂戴しました。下鴨神社には花梨の庭があり、毎年秋に実がたくさん熟します。花梨は美しく若々しい肌をつくる効能があるといわれます。この花梨と清らかな御神水で作られたのが「かりん美人水」というわけです。
a0279738_16402692.jpg

(⇓白木の折敷で出されるところが、いかにも神社らしいですね。)
a0279738_16404477.jpg

「石川や 瀬見の小川の 清ければ 月も流れを たずねてぞすむ」  新古今和歌集・鴨長明
a0279738_165057.jpg

(⇓美人水にちなんだ鏡形の奉納絵馬、女性に大人気!)
a0279738_17353695.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-08-12 16:51 | 町と暮らしと自然の風景
<< 東京・柴又帝釈天の護符幅 壬生寺さんの万燈供養会。お盆の... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧