「幾一里のブログ」 京都から ・・・



眼福、口福な和菓子・・・御洲濱司 植村義次さんの押物です。

・見て美味しい、口に運んで美味しい・・・なんと贅沢なお菓子なんでしょう。落雁に季節の花を散りばめた京都は植村義次さんの押物(おしもの)です。1年12か月花柄が変わります。5月は、いずれが菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)の杜若です。早速一口頂戴いたしました・・・感謝。

・「杜若 似たりや似たり 水の影」 松尾芭蕉

・これから1年間、植村さんの押物を毎月ご紹介してまいります。お楽しみに。

・御洲濱司 植村義次さんの連絡先は
 京都市中京区丸太町通烏丸西入ル常真横町193
 電話・075-231-5028 
a0279738_1816368.jpg

[PR]
by ikuitiri | 2013-05-08 19:45 | 町と暮らしと自然の風景
<< 五月晴れの丹後・・・日本三景・... 薫風五月。山口誓子の句「鯉幟・... >>


座辺の骨董/京都壬生の町家ギャラリー[幾一里](いくいちり)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧